夏の紫外線対策!正しい日傘の選び方!UVAとUVBの違いから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏の紫外線対策は万全ですか?UVAとUVBの違いを知り、正しい紫外線対策グッズ・アイテムの選び方を知りましょう!日傘の正しい選び方も紹介します。

 

日傘とは?

”雨に濡れないようにさす傘”ではなく”紫外線から肌を守るためにさす傘”を「日傘」といいます。

 

紫外線とは?

太陽から発せられる紫外線には3つの種類があります。

UV-a

”日光”のことで、雲や衣服では遮断することはできません。一年間通じて、量は変わりません。

人体への影響

皮膚のしわ、たるみなどの老化、シミ、皮膚ガンを引き起こします。

 

UV-b

人間の皮膚を焼く、いわゆる”日焼け”を引き起こす紫外線のことです。太陽に近く夏にこの紫外線量は最も多くなります。衣服や雲があれば簡単に遮ることができます。

人体への影響

日焼けやシミを引き起こします。

 

UV-c

UV-cは、地球の大気によって遮断されるため、人間のいる地上までには届きません。

人体への影響

失明やシミ・しわ・たるみの強い原因になります。

 

紫外線対策の問題点

「紫外線対策はバッチリ!」と思っている人でも、「UV-a紫外線」と「UV-b紫外線」のことを知らないために、”UV-b紫外線対策はできているけど、UV-a紫外線対策はできていない”という事態に陥ります。

きちんと日焼け止めを塗ったはずなのに焼けてしまったという経験のある方はまさにこの状態に陥っているのです。

 

紫外線対策グッズ・アイテムの現状

日焼け止めやサングラス、日傘など紫外線対策に関連するグッズ・アイテムは数多くあります。このほとんどの品物で「UV-b紫外線」への対策としては効果的ですが、「UV-a紫外線」に対して対策されているものかどうかはきちんと見定める必要があります。

 

UV-a紫外線への対策方法

①PA値の高い日焼け止めを使う

PA値とは「Protection Grade Of UV-A」の略で、”UV-a紫外線に対する防御レベルの高さ”を意味します。日焼け止めのパッケージや商品裏側をよく見るとPA値が書かれているはずなので、チェックするようにしましょう。

PA値の見方

”+”というプラスマークで防御レベルの強さが表され、4段階あり「PA++++」と書かれていたら防御レベル最高となります。

 

②UV400の紫外線対策グッズを使う

サングラスなどを選んでいると、「UV380」や「UV400」という表示を目にします。これは紫外線のカット効果を数値で示したもので、「UV380」であれば紫外線の約94%、「UV400」であれば紫外線の99%以上をカットできると言われています。できるだけ数値の高いものを選んだ方が効果が期待できます。

 

③日傘の選び方を知る

日傘を選んでいると「遮光率」や「UVカット率」という表示が目に入ります。

遮光率とは

目に見える光を遮断する強度を表しており、数値が高ければ高いほど影が強くなり涼しさを感じられます。

 

UVカット率とは

紫外線をカットする強度を表しており、数値が高ければ高いほど強度が高いことを意味します。

 

色について

白っぽい色か黒っぽい色か、どっちの方がいいんだろう?と悩まれる方もいるかもしれませんが、”UVカット加工”がされている日傘においては気にする必要はありません。日傘と謳っている商品であれば色は気にしなくてOK。

*UVカット加工は、2〜3年で磨耗してしまい効果がなくなってしまいます。日傘は2年ほど使用したら買い換えるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加