今日は大安、仏滅、友引?入籍・結婚式で縁起が良いお日柄

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

入籍・結婚式となると大安、仏滅、友引、先勝、先負、赤口といったお日柄はどうせなら縁起が良い方がいいですよね!今回は吉凶を占う六曜(六輝)のおすすめランキングを紹介していきます。

 

六曜とは?

六曜は”ろくよう”と読みます。別名”六輝(ろっき)”とも言います。中国から伝わった占いのようなもので、”日時で吉凶を判断する占い”です。日本ではよく「お日柄」なんて言い方もしますね。

六曜でのお日柄の種類

「先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口」の6つで吉凶が判断されます。

六曜を気にする場面

結婚式や入籍日(婚姻届を提出する日)、お葬式などの主に冠婚葬祭の場面で気にすることが多いでしょう。

お日柄は気にした方がいい?

お日柄を気にする人は年々少なっていると言っていいでしょう。しかし、特に”この日に結婚式を挙げたい”という意思がないのなら「縁起が良いに越したことはない」という程度の気持ちで気にする人がいるほどのものでそこまで気にする必要はないでしょう。

 

結婚式が集中する日

結婚式にはよりたくさんの人が来て欲しいと誰もが思うはずです。そのため、予定を合わせやすい土日がまず人気になります。そして多くの結婚式でいわゆる”二次会”が催されます。二次会まで開催されると、お酒を飲みご飯を食べていっぱい語ってと、どうしてもお開きの時間が遅くなってしまいます。このため、日曜日よりも土曜日が人気になります。そして、お日柄的に縁起が良いとされる「大安」「友引」の土曜日にはさらに人気が集中します。

 

六曜のお日柄が良いランキング

6位:仏滅(ぶつめつ)

六曜のなかで、結婚式や入籍日などの祝い事は避けた方が良いとされるお日柄です。しかし、結婚式で言えば仏滅は人気がないので安い費用でできる場合もあります。お日柄とか気にしないよというカップルにとってはお得になる日なのです。

 

5位:赤口(しゃっこう)

11〜13時の間だけは吉とされるお日柄です。この日にお祝い事をするなら11〜13時の間に開くのが縁起が良いとされています。また建築関係でも赤が火を連想させることから、赤口の日に建築開始日にするなどは避けることもあるようです。

 

4位:先負(さきまけ・せんぷ)

午前中は凶で、午後は吉とされるお日柄です。お祝い事は午後から始めることが縁起が良いとされます。

 

3位:先勝(さきがち・せんしょう)

午前中は吉で、午後は凶とされるお日柄です。お祝い事は午前から始めることが縁起が良いとされます。先負との比較でいうと、”負け”という文字が先負には入っているので、”勝ち”が入った先勝の方が縁起が良いとされます。

 

2位:友引(ともびき)

お祝い事などめでたいことをこの日に行うと”友達を引っ張る”ことで、友達にもめでたいことがやってくるとされて縁起が良いお日柄となります。反対に、お葬式で友達を引っ張っていってしまっては良くないので、葬式はこの日は避けられます。

 

1位:大安(たいあん)

最も縁起が良いとされる日です。まずはこの日にお祝い事をしたいと考える方が多いでしょう。