ちくちくしない!チン毛・陰毛を処理するオススメの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男性のみなさん。アンダーヘア(陰毛)は定期的に処理していますか?もしそのまま放置しているなら、不潔、だらしない、汚らしいと思われたり、かゆみ・異臭の原因にもなります。正しい方法でチン毛を処理してモテ男を目指しましょう。

 

なぜ男性は陰毛を処理しないのか

海外の男女や日本の女性にとってアンダーヘア(陰毛)の処理は日常的に行う当たり前のこと。しかし、なぜか日本人男性の多くは全く処理せずそのまま放置している人が数多くいます。

陰毛を処理しない理由

  • 恥ずかしい
  • 面倒くさい
  • 処理するとちくちく痒くなる

 

陰毛を処理することは恥ずかしくない

日本人男性の中には、アンダーヘア(陰毛)を処理することに対して抵抗感、恥じらいを感じる方が多くいます。この感覚はなぜ起こるのかというと、やはり”上の年代の男性たちが処理してこなかったから”です。そのため、下の毛は処理するものという感覚がそもそもないのです。髪の毛が伸びたら散髪するように、下の毛も伸ばしっぱなしでは清潔感に欠けてしまいますので定期的に処理して整えるようにしましょう。

 

簡単に陰毛を処理する方法

下の毛を処理してくれるお店もありますが高額だったり、何よりも恥ずかしい。じゃあ、自分で処理するかといったら面倒だし、処理したらしたで毛先が尖ってちくちくとかゆい。。

こんな時に便利でオススメなのが「ヒートカッター」です。

 

ヒートカッターとは

熱で毛を焼き切るムダ毛処理アイテムです。

*熱で焼き切るアイテムなので、皮膚に近づけすぎると火傷してしまうため、ツルツルにすることはできません。目安としては最短で1cmの長さに整えるアイテムと考えてください。

 

なぜヒートカッターなのか

  • 安い
    お店で処理してもらうよりググッと費用を抑えることができます。
  • 簡単
    スイッチONしてムダ毛にあてていくだけで処理していくことができます。
  • 安全
    昔からムダ毛処理の方法として”火”を用いることがありましたが、ヒートカッターなら火傷することなく安全に処理することができます。
  • ちくちくと痒くならない
    カミソリやバリカン、ハサミなどでムダ毛を切ってしまうと毛の断面が尖ってしまい、それが皮膚に当たる事でチクチクとしたかゆみを感じてしまいます。ヒートカッターなら毛先をとがらせることなく焼き切ることができるのでチクチクとしたかゆみは生まれません。

 

ヒートカッターのデメリット

  • 時間がかかる
    熱で徐々に焼き切るため、時間がかかります。野放しにしていたアンダーヘア(陰毛)全体を初めて処理する場合には、およそ1時間ほどかかると想定しましょう。
  • ツルツルにはできない
    熱でムダ毛を処理するアイテムです。皮膚に近づけすぎると火傷してしまいますので、ツルツルになるまで無駄毛を処理することはできません。

 

ヒートカッターを使うときの注意点

  • 換気しながら使用する
    毛を焼くと独特な臭いが出ます。風通しの良い場所、十分に換気が行われるような空間でヒートカッターを使うようにしてください。
  • 肌に近づけすぎない
    何度も言いますが、近づけすぎると火傷します。ムダ毛を1cm以内の短さには適していませんので無理しないでください。
  • 濡れた状態のムダ毛処理はだめ
    濡れた状態の毛を焼こうとするとさらに時間がかかってしまいますし、機械の故障の原因にもなります。必ず乾いた状態の毛に対して使用するようにしてください。
  • お風呂では使用しない
    ヒートカッターは電子機器です。感電の恐れがありますので絶対お風呂では使用しないでください。

 

オススメのヒートカッター

ケディオスの男性用ヒートカッター

2018年現在、世に出回っているヒートカッターにあまり種類はありません。時間がかかる、値段の割にちゃちいといった口コミもありますが、ヒートカッターは時間がかかるものですし、値段の割にちゃちいに関しては他に選択肢が無い以上、目を瞑るしかありません。使用感には問題無いようなのでこちらをオススメしております。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加