トーク力・会話力を飛躍的に向上させる方法。人見知り、会話下手必読!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人見知り、会話下手必読!コミュニケーション能力がはやし立てられ、トーク力・会話力に関心の高い昨今。今回は、会話を始めて、繋げて、盛り上げる方法についてみっちり紹介していきます。トレーニング方法も全て公開しているので実践してみてくださいね。

 

トーク力・会話力とは?

人との会話を「始める」「繋げる」「盛り上げる」ことができる能力のことです。

 

なぜトーク力・会話力が必要なのか

人と信頼関係を構築するために最も手軽な方法だからです。たしかに行動や態度、スポーツ、遊びを通じて信頼関係を構築していくこともできますが、そこにいくまでが大変難しいです。どういうことかというと行動や態度は見てもらわないと何も意味がありません。スポーツや遊びも同じく見てもらったり一緒にやらなければ意味がありません。ところが、会話であれば話しかけて相手が反応した時点で、相手は自分のことを見ています。その状況で、関心を引き出し、展開し、楽しませることができれば信頼関係の構築を一気通貫して行うことになります。

なぜ信頼関係が必要?

信頼関係が構築できると、人はあなたに有益な情報をもたらします。贔屓(ひいき)にしてくれます。あなたの意見が通りやすくなります。あなたの願望や夢を叶えてくれるかもしれません。

 

トーク・会話に必要な要素

人とトークを始めて、繋げて、盛り上げるには以下の要素が必要です。

  • メンタル
    会話力をつけるためには会話をとにかくしまくるのが最も近道です。そして会話をするにはまず自分から話しかけることが手っ取り早いし、一度話しかけてしまえば後は流れで会話をせざるを得ない状況にすることができます。話しかけようというメンタルをつけることがまず大切です。

  • 雰囲気(表情、身振り手振り、声の大きさ)
    鬼の形相で話しかけても相手は逃げてしまいます。まずは自然な笑顔や目線で相手に不信感を抱かせないようにします。そして適度な声の大きさを出すだけで爽やかで快活な印象を与えることができますし、身振り手振りを大きめにするだけで明るく楽しいという印象を与えることができます。簡単です、やるしかないですね。

  • 会話ネタ
    いくら話しかけて身の上話をしても、会話のネタを持っていなければ話を発展させることも、相手の話についていくこともできません。世の中では何が起こっているのか、みんなは何に関心があるのか、を抑えておくとそれが積み重なり、どんな会話にでもついていくことができます。

  • 瞬発力
    相手の発言に対して早いテンポで返すことでリズムが生まれ、会話が楽しく盛り上がっていきます。即座に返すには瞬発力が必要になります。

  • 語彙(ボキャブラリー)
    多彩な言葉やセンテンスで会話をすることで相手の知的好奇心を満たすことができます。笑いという面白さだけじゃなく、知的な面白さを感じさせることで会話を楽しいものにしていくこともできます。

  • ユーモア
    斬新な切り口、面白い返し、ツッコミで会話を広げ、楽しく盛り上げていくことができます。

 

トーク・会話に必要な要素を習得する方法

メンタルをつけるには

メンタル・勇気をつけようとするな!

話しかけるメンタルをつけるには、まずメンタルをつけようとしてはいけません。ナンパして強靭なメンタルをつけよ!なんてメンタルが備わってない人には土台無理なことです。まずは、会話ネタや語彙力をつけましょう!すると、「話さなきゃ」から「話したい」に心境が変わります。「話したい」と思えるようになるまでメンタルは無駄な勇気はつけようとしなくていいです。

 

雰囲気(表情、身振り手振り、声の大きさ)のトレーニング

新聞を音読せよ!

表情と声の大きさに関しては新聞を音読すればOK。音読することで顔全体の筋肉がほぐされ自然な表情になります。また音読しているため、発声のトレーニングにもなります。少し大きいかなというくらいの音量で音読すると、意外と疲れることに気づくはずです。その疲れはトーク力を鍛えたがゆえの筋肉痛のようなもの。心地よい疲れを感じながら毎日少しでもいいのでやってみてください。会話ネタの補充にもなります。

身振り手振りに関しては適切なフォームというのもないし、なんならわけわかんない身振り手振りしてる方がユーモアがあるとも思われるので、会話するたびに大きめに身振り手振りをすることを心がけることをトレーニングとしましょう。

 

会話ネタを補充するには

メディアを活用せよ!

テレビや2chまとめ、新聞を見ましょう。こういったメディアはある程度、人気が保証されている、つまり多くの関心が寄せられている保証があるものが厳選されているので効率的に情報収集、万人ウケする会話ネタを集めることができます。

 

瞬発力を鍛えるには

テレビと話せ!

会話の瞬発力を鍛えるには、テレビと話しましょう。テレビから聞こえてくる音声に対して、きちんと「相槌」や「リアクション」をとり、疑問が芽生えたら「質問」し、思ったことがあれば「感想」を述べ、ムカつきゃ「愚痴」を吐きましょう。1時間のバラエティー番組にこれをやるだけでもかなりのトレーニングになります。テレビを見たら思わず喋っちゃうくらいの癖がつくまでやりましょう。

 

語彙(ボキャブラリー)を増やすには

語彙を増やす方法としてはこちらを参考ください。

語彙力のある男はモテる!ボキャブラリーを増やす方法を紹介

 

ユーモアをつけるには

「ボケ」「ツッコミ」のどちらか一方ができればユーモアのある人だと思われます。テレビと会話するという方法を瞬発力を鍛える方法の項でお伝えしましたが、同じ容量でニュース番組や報道番組で”できるだけ面白くなるように意識して”話しかけて見ましょう。最初は心が折られてしまうと思いますが、ニュース番組に対してボケたりツッコンだりできるようになったあなたはもうこわいものなんてありません。どんな人とでも盛り上がれるエンターテイナーになっています。