睡眠タイプ診断!性格で必要な睡眠時間と朝型・夜型かが分かる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

実はあなたの性格によって、必要な睡眠時間と朝型・夜型かが分かります。睡眠タイプ診断で、自分の性格を知り、必要な睡眠時間と最も活動に適している時間を知ることができます。

 

睡眠タイプ診断

睡眠タイプは、「アタック」「サポート」「フィーリング」「シンキング」の4つのタイプに分かれます。以下の各タイプで最も自分に性格・特徴に合致するタイプを探してみてください。

 

アタックタイプ

5人に1人はこのタイプと言われています。ポジティブな性格で迷ったりする時間は少なく、すぐに判断して行動するタイプです。また現実的な一面もあり、大きな夢を抱くというより自分の身の丈に合った未来を堅実に過ごそうとするタイプです。必要な睡眠時間は7時間。昼に最も活動的になり、昼寝をしたいと思うことは少ないです。

 

サポートタイプ

およそ半数に一人、つまり2人に1人はこのタイプ。親切で面倒見がよく気が利くと言われるタイプです。楽しいことが大好きでアクティブに遊びの場に出かけていきますが、警戒心が強く初めて会う人に対しては緊張しがちな一面もあります。必要な睡眠時間は7〜9時間。午前中に最も活動的になりますが、昼を過ぎると眠気を感じます。

 

フィーリングタイプ

7人に1人がこのタイプ。個性を大切にし、人とは違う事をしたいタイプです。感情によって行動するので、感情の起伏が激しく気分屋と周りから評価されることも多いです。必要な睡眠時間は7時間。夜型で夕方以降に最も活動的になるので、朝は強い眠気を感じます。

 

シンキングタイプ

10人に1人がこのタイプ。細かく繊細で職人気質なタイプです。内向的という特徴もあります。完璧主義で、万全の準備をしてからじゃないと行動できないタイプです。必要な睡眠時間は6時間。夜型で夕方以降に最も活動的になります。

 

タイプ別の理想の1日の過ごし方

アタックタイプ

  • 22時に就寝
  • 5時に起床
  • 午前中のうちに頭を使ったり集中力が必要な仕事に取り組む
  • 8〜10時の間にコーヒーを飲むと覚醒が続きやすい
  • 14〜16時の間にコーヒーを飲むと覚醒が続きやすい
  • 17時以降に運動する

 

サポートタイプ

  • 23時に就寝
  • 7時に起床
  • 午前中のうちに運動をする
  • 9:30〜11:30の間にコーヒーを飲むと覚醒が続きやすい
  • 10〜14時の間に頭を使ったり集中力が必要な仕事に取り組む
  • 13:30〜15:30の間にコーヒーを飲むと覚醒が続きやすい

 

フィーリングタイプ

  • 24時に就寝
  • 7時半に起床
  • 18時くらいに運動をする
  • 12〜14の間にコーヒーを飲むと覚醒が続きやすい
  • 17〜24時の間に頭を使ったり集中力が必要な仕事に取り組む

 

シンキングタイプ

  • 23時に就寝
  • 6時半に起床
  • 午前中に運動をする
  • 8〜11時の間にコーヒーを飲むと覚醒が続きやすい
  • 13〜14時の間にコーヒーを飲むと覚醒が続きやすい
  • 17〜21時の間に頭を使ったり集中力が必要な仕事に取り組む