どんな靴を履いているかで女性の深層心理が丸わかり!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

靴はその人の潜在的な欲求や深層心理を如実に表します。つまり、靴を見ればその人がどんな人なのかがわかり、その人が何を求めているのかがわかります。靴を切り口に、女性心理を知る方法をいくつか紹介していきます。

 

靴をたくさん集める人の特徴

靴をたくさん集める人は、下記のような特徴があると言われています。

  • コレクター精神(趣味として靴を集めている人)
  • 欲求不満(性的欲求)
  • 自尊心が低い
  • 浮気をしている
  • 性的欲求の他に社会的立場や仕事を表す事も。またパートナーとの相性。
  • 鬱(うつ)気質
  • 寂しがり屋

人間は自尊心が低いと、何か物を買って身につけようとする傾向があります。

 

履いている靴から心理を探る

どんな靴を履いているかでその人がどんな人かを知ることができます。

  • 派手な靴(ピンクや赤など):コミュニケーションが得意。優しい。
  • ショートブーツ:自己評価が高い。明るい。オープン。KY。
  • ロングブーツ:自己評価が低い。エロい。
  • ハイヒール:高ければ高いほどプライドが高い。
  • スニーカー:慎重。臆病。愛想がいい。
  • 靴底が磨り減った靴:エロい。

 

女性の口説き方 履いている靴のタイプ別

履いている靴のタイプによってその女性が男性に対して何を求めているのかを知ることができます。つまり、この要求に応じてあげれば好印象を与えることができるのです。

  • スニーカー(カジュアルな靴)
    ありのままの自分を見て欲しいと思っている人です。「自分の話を聞いて欲しい」ということを男性に求めています。
    :会話では聞き役に徹して、話を引き出してあげましょう。
  • パンプス、低めのヒール(地味めの靴)
    周りに順応し空気が読めるが、反面警戒心が強く慎重な人です。「自分の話したいというより、楽しい話をして欲しい」ということを男性に求めています。
    :会話のキャッチボールの中で、ボケやツッコミを織り交ぜて盛り上がるようにしましょう。
  • 高めのヒール、カラフルな靴(派手な靴)
    これまでチヤホヤされてきて外見に自信がある人です。多くの男性からこれまで言い寄られているため「あなたと付き合うメリットを伝えて欲しい」ということを男性に求めています。
    :自慢話にはならないように気をつけながら、あなたと付き合ったらどれだけ楽しいかをアピールしましょう。

 

靴の扱い方から心理を探る

その人の靴の扱い方で、「内面(性格)」を知ることができると言います。

  • 脱いでから靴を揃える人:真面目。誠実。行動力はあまりない。
  • 靴を脱いでも揃えない人:優柔不断。のろま。おとなしい。騙されやすい。
  • 靴底が偏りなく減って行く人:寂しがり屋。協調性がある。リードされたい。
  • 靴底がつま先から減って行く人:せっかち。ミスが多い。落ち着きがない。
  • 靴底がかかとから減って行く人:のんびり。慎重。

 

靴のタイプ、状態からHの傾向を知る

  • 動きやすい靴を履いている人:あっさりとしたHをします
  • 汚い靴を履いている人:Hが好きです。
  • 高そうで綺麗な靴を履いている人:Hへの関心が低くあまり好きではありません。

 

見た目から分かる他人の心

見た目は結局”その人の判断の結果”です。外見には普段の生活、考え方、価値観、育ち、現在の状況・環境、人間関係など様々ものが反映されているのです。電車の中では色々な人を観察するチャンスです。以下のような本を読むと見た目だけでその人のことが分かるようになって面白いですよ!

他人の心は「見た目」で9割わかる!(だいわ文庫)

両手でグラスを持っている人の心理、脚を揃えて座っている人の心理など、かなり身近な例で実践的な書籍です。

 

見た目でわかる外見心理学

服装や表情、しぐさ、お化粧の仕方などの外見から他人の心理状態を把握するメソッドがわかりやすいイラストで紹介されています。