仕事ができる人の特徴から自分の仕事への向き合いを省みよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事ができる人の特徴を紹介していきます。30代以降の男性はどれだけお金を持っているかがモテに直結します。仕事ができる人でお金を持っていない人はいません。仕事ができる人の特徴から自分を省みる機会にしてください。

 

仕事ができる人の特徴

 

自分の能力を知っている

仕事ができる人は、自分が今抱えている仕事が、自分の能力と体力ならどれくらいの時間がかかるのかが分かっています。そのため、自分の能力を超えたことが要求される仕事や優先順位が低い仕事は安易に引き受けたりしません。無駄な仕事をやらないことで、自分に元から任されていた仕事に集中することができ、高いクオリティーでその仕事を完遂することができるのです。

 

タイムマネジメントができる

約束した時間に仕事を終わらせることは当たり前なのですが、これが意外とできる人は少ない。時間は守っていてもクオリティーが低かったり、そもそも時間が守られていなかったり。仕事ができる人は、余裕を持った計画をたてて決められた時間までに十分なクオリティーで仕事をやりあげます。

 

人付き合いがうまい

仕事ができる人は、上司、先輩・後輩、部署、社内・社外に関係なく、人付き合いがうまいです。人付き合いから新しい仕事を生み出したり、自分たちの意見を通しやすくしたりすることで、会社全体にプラスの影響をもたらしてくれます。

 

仕事に重み付けができる

生真面目だと作業にばかり追われて関係者への配慮を怠ります。几帳面・完璧主義だと仕事がいつになっても終わりません。仕事ができるという評価が周囲から得られる人は仕事に重み付けができるので、「ここはクオリティーをあげるべきだけど少し時間を待ってもらうようにあらかじめ連絡しておこう」、「ここは細部のクオリティーよりも全体の流れがきちんとわかるようにすべきだ」といったように、内容・関係者などに応じて、何を重視すべきかという仕事の重み付けができるので評価する人に合格点をもらいやすくなります。

 

整理整頓ができる

仕事ができる人は時間の大切さをきちんと知っており、使い方がうまいので、整理整頓をきちんと行います。なぜなら、何かを探すという無駄な時間を無くすためです。また隙間時間を利用して、整理整頓を行うと同時に頭の中も整理しているのですっきりとした思考ができるのです。

 

声が大きい

仕事は一人で完結するものではありません。必ず、誰かと協力しながら進めていくことになります。ここで問題になるのが、引き継ぎ、共有など人と人の間で行われるコミュニケーション、情報伝達の問題です。そもそも声が小さいと、相手の注意を引きつけることができないし、理解度も損なわれてしまいます。言い方やわかりやすさなどの前に、声の大きさの大切さを知っているのです。

 

返信が早い

仕事ができる人は電話でもメールでも連絡が早いです。電話やメールでは情報というボールのキャッチボールしていると考えたとき、自分がボールを持っていることになんのメリットもないからなのです。どうせ、相手にボールを投げたら返ってくるまで時間がかかってしまうのです。だったら、自分がボールを持っている時間は最小限にして、できるだけ相手にボールを持たせておく、こういった考えで連絡が早くなるのです。

 

努力家

仕事ができる人はやはり仕事以外の時間でも、仕事にまつわることを考えていたり、調べていたり、勉強を行なっています。これは仕事での成功で得られる達成感や充実感など何かしら自分のためになるものを知っているために、自分の時間を仕事関係のことに費やせるのです。