整体矯正を受けて猫背を治す近道!正しい姿勢と悪い姿勢!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜそもそも猫背が良くない事なのか?から正しい姿勢と悪い姿勢、整体矯正を受けて猫背を治す近道について紹介していきます。癖によって整体は一度だけではすぐに戻ってしまいます。正しい姿勢の癖作りには、2つのポイントがあります!

 

正しい姿勢の大切さ

正しい姿勢でいると様々なメリットがあります。いや、正確に言うと悪い姿勢でいると様々なデメリットを受けることになります。悪い姿勢になる原因として一番多いものに、”崩れた姿勢で長時間座ってしまう”ことが挙げられます。

上図のように、椅子に浅く座ってしまい、踏ん反り返ったような”楽な姿勢”で長時間座っていると、「首・顔が前に出てくる」「背中が丸くなる」といったいわゆる”猫背”の状態になってしまいます。さらに”足を組む”癖がある方の場合には、骨盤(お尻全体の骨)が曲がってしまいます。

 

なぜ猫背はダメなのか?

人間は無意識に”頭”でバランスを取ろうとします。しかし、猫背の状態で頭でバランスを取ろうとするとどんなことが起こるでしょう?

本来は頭に対して背骨が垂直になるように支えるべきなのに、猫背の場合には頭の重さを曲がった背骨で支えないといけなくなります。当然、曲がってる分、頭の重さを支える負担が背骨や腰骨にかけられます。こうして背中や腰を痛めてしまうのです。また、背中や腰が痛んでいない人も安心してはいけません。筋肉で腹筋や背筋などの筋肉によって頭部を支えているだけだからです。つまり、老化とともに筋肉量が減ってくればどんどん背中・腰にかかる負担が増えてやがて痛んでしまうのです。そして心配すべきものは年を取ってからの障害だけではありません。常に頭部を支えるために、無理に筋肉が働いているということになるので、常に筋肉は緊張状態になります。これではリラックスできず「血流が悪くなり」、「コリ」、「疲れが取れない」「だるい」という症状に繋がってきます。

 

整体矯正は意味ない?

整体矯正はあくまで一時的!

整体での姿勢矯正を受けると”一時的に”正しい姿勢に治すことができます。しかし、長年の”悪い姿勢をとる癖”を抜くのは意識と根気が必要になります。正しい姿勢を取る事を心がけていてもちょっと気を抜けば、また”楽な悪い姿勢”を取ってしまいます。そのため、最初のうちは整体矯正を定期的に受けたとしても、”正しい姿勢状態”と”癖による悪い姿勢状態”を行き来することになるでしょう。これはしょうがないことです。”正しい姿勢の状態”が癖になるまで整体矯正を受けて、これまでの癖で悪くなったら治すというサイクルを回していきましょう。

 

運動不足が治りを悪くする

先述の通り、猫背は無駄に筋肉を働かせてしまって筋肉の緊張状態・硬直を引き起こします。整体矯正を受ければ、硬直した筋肉をほぐすという施術も行ってくれますが、慢性的な運動不足の場合には、筋肉は柔軟性を失っているのですぐに筋肉は元の状態に戻ってしまいます。これは”正しい姿勢の状態を癖にする上で大きな障害”になります。定期的な運動を行って、柔らかく血流の良い柔軟な筋肉作りも行うようにすれば、姿勢改善の近道になります。