話題沸騰!サンザシジュースの美容効果とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、話題のサンザシ。実はこれ、肌にもダイエットにも効果があるし、生活習慣病の予防にもなる万能薬として古くから用いられたスーパーフルーツなのです!今回はこのサンザシの成分から効能まで詳しく解説します!

 

サンザシ(山査子)とは何なの?

もともと中国や欧州にしかなかった植物ですが、日本にも昔に持ち込まれたそうです。

 

サンザシ(山査子)は何に使われるの?

赤色の果実を付け、薬やお酒、ドライフルーツとして活用されます。盆栽の素材として観賞用として使用されることもあるようです。

 

サンザシ(山査子)はどんな味なの?

甘酸っぱいです。

 

サンザシの歴史

心身の疲労回復効果が評価されていて、次のような様々な病の自然療法として数百年にわたって使用されています。

  • 狭心症
  • 高血圧
  • 動脈の硬化
  • 不整脈
  • うっ血性心不全

また、アメリカでは1800年初頭に、サンザシを呼吸器系や循環器系の病気の療養に使用していたようですし、アメリカ原住民のある種族も心臓や胃腸のトラブル時にサンザシを用いたようです。

 

サンザシに含まれる成分

サンザシが薬としての効果を発揮するのは、果実に含まれる「フラボノイド」という成分のおかげです。ポリフェノールの1種で、野菜や果物の色素や苦み成分ともなっています。このフラボノイド以外にも多様な成分が含まれているので紹介します。

  • フラボノイド

    (老化予防、動脈硬化の予防、心筋梗塞の予防、ウイルス感染症の予防、ガンの予防)

  • ケルセチン

    (血流改善、コレステロール値を下げる、動脈硬化の予防、関節痛の緩和、ダイエット効果、花粉症などのアレルギー症状の抑制、血糖値を下げる)

  • ビテキシン

    (ルイボスティーにも含まれる成分で気持ちを落ち着かせる効果がある)

  • ルチン

    (血管を丈夫にする、血流改善、血圧を下げる)

  • ペンタサイクリックトリテルペン

    (免疫力を高める)

  • コリン

    (記憶力を高める、アルツハイマー病の予防改善に期待されている成分)

  • アセチルコリン

    (記憶力を高める、アルツハイマー病の予防改善に期待されている成分)

  • クロロゲン酸

    (脂肪燃焼効果、ダイエット)

  • ビタミンB1

    (心身の活性化)

  • ビタミンB2

    (皮膚を綺麗にする、ダイエット効果)

  • ビタミンC

    (たるみ改善、美肌効果)

  • カルシウム

    (骨や歯を丈夫にする、気持ちを落ち着かせる)

  • (血液を作る、アンチエイジング)

  • リン

    (骨や歯を丈夫にする、糖質の代謝を促す=ダイエット効果)

 

「フラボノイド」の効能

フラボノイドは免疫機能を高め炎症を抑える効果があり、これは心臓疾患や神経系の疾患、ガンの予防につながるのです。

<効能>

抗酸化作用(老化やシミ、しわ、動脈硬化などの原因となる活性酸素を除去する作用)

デトックス作用

ストレス緩和

がん抑制

免疫を整える

血液サラサラ  など

 

サンザシをどうやって摂取するか

サンザシは下記のように様々加工されて販売されていますので、気になった方はぜひチェックしてください!

  • ジュース
  • お酒
  • ジャム
  • ドライフルーツ
  • クッキー

 

 

amazonでも販売されてそれほど高いものでもないので飲んでみたい方はぜひお試ししてみてはいかがでしょうか。

 

その他の参考記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加