妻の流産発覚後、奥さんに旦那がやれること・やるべきこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まずは流産とは?から自然流産と人工流産、稽留や進行、切迫などの種類、原因や兆候、発覚後の奥さんの精神状態を理解し、旦那がやれること・やるべきことを紹介していきます。

 

流産とは

何らかの原因によって妊娠が継続できなくなることを言います。

 

流産の種類

流産には種類がありますが、大きくは自然流産と人工流産の2つに大別されます。

自然流産と人工流産

妊娠初期となる妊娠22週間までに何らかの原因で”自然に発生”する流産のことです。自然流産の反対の意味となる言葉として「人工流産」がありますが、この人工流産は主に”妊娠中絶”によるものです。

自然流産の確率

自然流産は妊娠した時に平均8〜15%くらいの確率で起こるもので珍しいことではありません。

 

自然流産の種類

稽留流産

(けいりゅうりゅうざん)と読みます。胎児の心拍確認後、その後の成長できず、子宮の中で胎児が死亡した状態の流産です。早期での稽留流産の場合は自然に排出されるのを待つこともできます。数週間経っても排出されない場合は手術によって摘出することになります。

 

進行流産

流産には段階があり、胎児を含む子宮の中がすべて排出された状態を「完全流産」といい、一部残った状態を「不全流産」と言います。そして、出血と共に子宮から内容物が排出されることになるわけですが、不全流産から完全流産へと進行している状態のことを「進行流産」といいます。要は今まさに流産が進んでいる状態のことをいうのです。

 

切迫流産とは

切迫流産とは妊娠22週未満んで起こる胎児が危険な状態で、流産の可能性がある状態のことです。兆候・症状としてはお腹の痛みや不正出血がありますが、症状が出てこない場合もあります。切迫流産の原因としてストレスが挙げられていますが科学的な根拠はありません。

流産の原因はストレス!?

流産とストレスの関係について科学的な根拠はありません。しかし、ストレスはホルモンのバランスを崩したり、免疫力や体力の低下を引き起こし、様々なトラブルに繋がることは間違いないこと。ストレスを溜めないことに越したことはありません。

 

自然流産の原因

自然流産の原因としては「胎児側」と「母体側」の原因とがあります。胎児側の原因としては「受精卵の染色体異常」があり、母体側の原因としては「細菌感染」があります。

受精卵の染色体異常

大概のケースがこちらが原因です。そもそも染色体とは遺伝子情報となるDNAの塊のことで、パパの精子から23本、ママの卵子から23本、合計46本が対に組み合わさることで46本の染色体をもつ受精卵ができます。この受精卵の染色体が1本多かったり少なかったり、あるいはあるべき場所からズレているという状態が「受精卵の染色体異常」となります。

細菌感染

風しんやサイトメガロウイルス、B型肝炎などの細菌が胎児まで届く事で流産を引き起こすこともあります。

 

流産の兆候

流産が起きる兆候として以下のように様々なものがありますが、どの症状も感じない人もいます。

  • 出血
  • 腹痛
  • お腹の張りがなくなった
  • つわりが急に楽になった
  • 胸が張りがなくなった
  • 体温が下がった
  • お腹が冷たくなった

 

流産発覚後の奥さんの精神状態

まずは流産と言われたけどそうではないんじゃないか?何かの間違いではないか?と「否認」から入ります。そして、寂しさを感じ「孤立感」を感じます。その後、身体的に「無力感」を感じ、「怒り」が込み上げてきます。行き場のない怒りにいらだちを感じることになるのです。そして行き場を無くした怒りは自分へと矛先が向けられます。「自分を責める」ことになります。その後、ふとした瞬間に「悲しみ」を感じ、気を紛らわすためや無気力感から「生活習慣に乱れ」が生まれます。「死別した胎児のイメージ」が頭から離れず、生きているように話しかけたりする場合もあります。これが「生きていたら」という考えに変わり、いずれ感情にとらわれず「死別した胎児について話せる」ようになっていきます。

 

旦那ができる流産発覚後のケア

がっかりしない

流産したこと。それはもちろん、がっかりすることですし、悲しいこと、残念なことです。それをお腹で育ててきたお嫁さんは誰よりも感じることになります。旦那さんががっかりするのは人目に付かないところでしましょう。旦那さんがやるべきことはがっかりすることではなく、奥さんを精神的にケアすることです。

 

責めない

流産を知った奥さんは自分の行動を責めてしまいます。それなのに、旦那さんまで一緒になって責めるなんてことは絶対にしてはいけません。

 

とにかく前向きに

「流産は珍しいことではない」「原因は君じゃない」ということを伝え、「時間を決めて一緒に悲しもう。」と声をかけてあげてください。無理して元気に振る舞うのも疲れてしまいますからね。思う存分悲しむだけ悲しみましょう。そして「赤ちゃんはまた戻ってくる」と信じてこれからも一緒に仲良くしよう。流産後は妊娠する確率が上がるとも言われています。とにかく前向きに接しましょう。

 

一緒にいる

これを言えば奥さんは救われる。効果的!なんてものはありません。旦那さんができること、やれることは「一緒に居てあげる」これに尽きます。一緒に悲しみ、一緒に気を紛らわし、一緒に受け入れていくのです。

流産発覚後の思考の整理には書籍がおすすめです。