彼女・嫁は浮気症?浮気の常習犯が持つ8つの特徴をチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

恋人が浮気しているかも?浮気の常習犯に共通して見られる8つの特徴をチェックして、まずは自分で浮気調査してみましょう。GPSや隠しカメラ、音声レコーダーなどオススメの浮気調査グッズも紹介します。

 

浮気の常習犯の特徴

独特な魅力

美貌レベルは中くらいから中の上くらいで”独特の魅力”を持ったタイプ。学生時代に中〜中の上クラスの顔面レベルの場合、上位グループにコンプレックスを抱いている場合が多く、大学や社会人に進み異性との出会いが増えた時に性衝動が爆発する場合があるのです。つまり、学生時代に感じていた敗北感を取り戻そうと複数の異性と交際したり関係を持とうとするのです。誰がどう見てもイケメンや美人の人はずっと愛されてきているため、愛情不足を感じることがないため浮気の衝動に駆られることがないのです。

 

寂しがり屋

愛情に飢えている寂しがり屋でチヤホヤされたいタイプ。遊びに誘えば来てくれたりフットワークが軽いタイプは寂しがり屋の可能性が高いです。寂しがり屋タイプは、愛が目的では無いのです。喉の乾きのようにやってくる寂しさを紛らわすことが目的となるため、浮気へと走ってしまうのです。また体を許せば関係を繫ぎ止めることができるのも知っているため、すぐに性的関係へと発展していきます。

 

感情の起伏が激しい

さっきまで笑ってたかと思えば、いつの間にか泣いてる、怒ってるといったタイプ。こうした感情の起伏が激しいタイプは、なかなか元カレとの関係を断ち切れない傾向にあります。これは感情が強いあまり、元カレのことを「可哀想」と考えたりしてしまうためです。これは元カレに限らず、職場の同僚や取引先、同級生に対しても同じなので、自然とつけ入る隙が多くなってしまうのです。

また感情の起伏が激しいタイプは繊細で傷つきやすいタイプとも言えるので、恋人との関係がうまくいかなくなった時など、強い不安やストレスを感じることになり、それを別の異性で補おうとするのです。

 

嘘が上手い

仕事で接客業や営業を行っていて、表情を作ったり嘘をつくのが上手いタイプ。浮気衝動は少なからず誰にでもありますが、バレてしまうかも?という不安は浮気を実行するブレーキになりえます。ところが、ウソをつくのに自信があり、まぁバレないでしょと思っている場合、浮気の機会があれば浮気をしてしまう可能性が高まるのです。

 

安定よりドキドキ

ドキドキやスリリングが体験が好きなタイプ。浮気は平凡な日常に刺激を与えるという側面があります。もともとドキドキしたり、スリルな体験が好きな人は浮気に走ってしまう傾向にあります。

 

スキンシップに抵抗がない

ハイタッチなど異性の体に触ったり、触られることに抵抗感が少ないタイプ。こうしたタイプは性的開放性も高いと言われ、浮気に走る可能性が高まります。

 

誠実じゃない人

時間にルーズだったり、約束を破ったりするタイプ。こうしたタイプはルールに縛られる事を嫌い、「浮気はダメな事」という規範への意識も低いのです。

 

親和性が低い

自己中心的だったり、他人を批判するタイプ。こうしたタイプは周りへの思いやりに欠け、誰かが傷ついてしまうという考えが不足しています。

 

どうしても心配なら

パートナーの浮気が心配だと、仕事にも支障が出たりしてしまいます。どうしても心配ならプロの探偵に頼むのも1つのてです。

 

自力で調査するには

リモートICレコーダー

スマホで遠隔から録音開始できる優れものです。自宅が浮気現場になっていそうな場合や、自宅での電話音声を調査するときに使えます。

隠しカメラ

小型の隠しカメラでスマホで録画をスタートしたり、スマホで確認することができます。自宅が浮気現場として疑われる場合に有効です。

GPSロガー

カバンなどに忍ばせてGPSロガーで行動を記録できます。自宅以外の外で浮気が疑われる場合に有効です。