モテるにはどうすればいいのか③ 女性が幻滅する男のファッション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「モテるにはどうすればいいのか② 女性が幻滅する男の性格と顔」の続きです。今回は、どんなファッションならモテるのかを紹介していきます。

 

女性が幻滅するファッションとその解決法

  • 衣服が汚れている

    ケチャップの汚れなどであれば母性を感じる人もいるかもしれませんが、基本的には汚れはつけないように注意しましょう。ついてしまったら洗いましょう。

  • 衣服がしわくちゃ

    洗濯機に乾燥機能がついていても乾燥機能は使わず、脱水までで止めるようにしましょう。また、脱水後にはできるだけすぐに洗濯機から取り出してハンガーで干すようにすればそこまで目立ったシワはできません。乾燥機能を使うのは、シワになってもいいタオルや下着などにとどめておきましょう。

  • 衣服のサイズが合っていない

    買うときに、店員さんに見てもらいましょう。私も仕事で店舗で接客スタッフをやっていましたが、お客さんにコーディネートの相談などで話しかけられるのは嬉しいものです。遠慮することなくどんどんアドバイスをもらいましょう。ちなみに私は予算だけ提示してすべて店員さんに選んでもらっています笑
    また、ZOZOTOWNが提供する「おまかせ定期便」を利用すると、毎月、自分のサイズに合ったアイテム(衣服など)を数点送ってきてくれて、気に入れば購入し、気に入らなければ返送するというサービスです。こういったサービスを利用することでハイレベルなコーディネートを気軽に受けることができ、サイズ観について気にする心配もありませんね。

  • 単色コーディネート(黒づくめ、全身白など)

    黒づくめは怪しい、白づくめはホストみたいで好き嫌いは分かれてしまいます。そのため、単色(1つの色)でのコーディネートは避けた方が良いでしょう。

  • 派手すぎる

    蛍光色や金色の服も好き嫌いがはっきり分かれてしまうので避けましょう。

  • ズボンにチェーンがぶら下がっている

    20年以上前に流行したファッションだが、今となってはダサいファッションの代表格。セキュリティーのために財布を鎖で繋いでおきたいという方もなるたけ鎖は外から見えないようにポケットに入れておくようにしましょう。

  • 衣服がやたらボロボロ

    穴が開いていたり襟元が伸びてしまっている服はパジャマとして活用し、外着用に新しい服を用意しましょう。また、事故にあったのかと心配になるほどの過度のダメージジーンズなども避けましょう。

  • アクセサリーが多すぎる

    アクセサリー同士がこすれ合って、動くたびにガチャガチャいうほどたくさんのアクセサリーを付けるのは避けましょう。

  • 靴の先がとんがっている

    武器のように固く鋭く尖った足先をもつ靴を見かけますが、これも好き嫌いが分かれるアイテムなので避けましょう。

 

最後に

ファッションは難しいです。私も正直よくわかりません。なので、自分がセンス良いなと思う人に選んでもらうとか、気に入ったアイテムの多いお店の店員さんに選んでもらうようにすればお金が無駄になることも避けられますし、手間も時間もかからず効率的ですね!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加