語彙力のある男はモテる!ボキャブラリーを増やす方法を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

語彙力(ボキャブラリー)を鍛えることで、女性にモテる男になることができます。今回はその理由と、語彙力(ボキャブラリー)を増やす方法について紹介していきます。

 

モテるために必要なものとはなんでしょうか。

美しい容姿?優しさ?経済力?面白さ?強引さ?

あなたの周りにいるモテる人を思い浮かべてみると、きっと上記のいずれかの要素を持っていることでしょう。今回はこれらのモテ要素を効率的に獲得するための方法を紹介します。

 

語彙力(ボキャブラリー)を獲得するメリット

語彙力(ボキャブラリー)を増やすと、優しくなり、人と魅力的な会話をすることができ、女性に対して空気を読んだスマートな言葉でエスコートすることができ、仕事で評価されることで経済力を高めることができます。

  • 優しくなる
    語彙力のないひとは怒りやすいという研究結果があります。人は言葉で処理しきれない状況に直面した時には感情的になります。人が言葉で言い表せないほど感動した時に涙を流すように、理解を越えたものに対しては感情を溢れさせることでバランスをとろうとするのです。

  • 魅力的な会話ができるようになる
    たくさんの言葉を知っていると何気ない物事でさえも、様々な表現で言い表すことができるのでおもしろいトークになります。

  • 口説くことができるようになる
    女性を口説くには、「いかに信頼関係を築くか」が重要になります。たくさんの言葉を知っていると、相手に合わせた表現で女性の心を掴んでいくことができ、短時間の会話だけで信頼関係を構築することができるのです。

  • 仕事で評価される
    自分の考えた企画を上司に対してプレゼンする時や営業する商品をお客さんに対して紹介する時など、たくさんの言葉を知っていることで様々な角度から表現し、わかりやすく説得力を持って伝えることができるため、仕事での評価・結果につながっていきます。

 

そもそも語彙力(ボキャブラリー)とは?

使うことができる言葉の数のことです。”どれだけの数の単語を使うことができるか”と言い換えてもいいですね。語彙力のことを英語ではボキャブラリー(vocabulary)といいます。

 

語彙力(ボキャブラリー)を増やす方法

語彙力(ボキャブラリー)を増やす方法として有名なものはいくつかありますが、その中でも厳選した方法を紹介していきます。

 

1.言葉を制限する

人は無意識のうちに、使い慣れた”便利な言葉”ばかり使ってしまいます。そのため、普段使っている言葉を意識しないようにするだけで、別の表現を探すようになり、使える言葉が増えていきます。「やばい」「美味しい(うまい)」「可愛い」といった日常で使いがちな言葉を”使わないように”自分に制限をかけるのです。

トレーニング方法

  • あえてペットショップに行って、「可愛い」という言葉を禁止して感じた事を表現してみる
  • ワインや日本酒を飲んだ時に、「飲みやすい」という言葉を禁止して美味しさを表現してみる

 

2.本を読む

語彙力(ボキャブラリー)を増やすという行為は、自分の”知らない言葉”を”知っている言葉”に変えていく作業です。本を読むことで自分の知らない言葉に出会うことができるので本を読むことは語彙力アップに効果的です。

トレーニング方法

  • 乱読
    色々な作者・ジャンルの本を読み、様々な表現に触れて、分からない言葉はすべて調べ、気になった言葉は自分で使ってみる
  • ノンフィクション作品の本を読む
    フィクション作品の本では一冊あたりおよそ3万語の単語が使用され、ノンフィクション作品の本では一冊あたりおよそ5万語もの単語が使用されていると言われています。本を一冊読むのでもノンフィクション作品を読むことで効率的に”知らない言葉”に出会うことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加