モテる男は交渉がうまい!仕事にも恋愛にも使える心理テクニック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モテる男は交渉がうまいです。モテる男性が自然と使っている仕事にも恋愛にも使える心理テクニックをいくつかご紹介していきます。交渉上手になりたい人、口説きたい女性がいる人はご参考ください。

 

モテ男の交渉術・心理テクニック

譲り合いで交渉をさらに優位に進める

相手が譲ってきたら、こちらはその時点で受け入れるのではなく、さらにプラスアルファで相手に譲るようにする。すると、相手はさらに付け加えて譲ってきてくれます。

相手に譲らせることが肝

つまり、相手に一度でも譲らせることができれば、大きな旨味を獲得することができるということです。ここで大切になってくるのは”いかに相手に譲らせるか”ですね。相手に譲らせたら勝ちなわけですからね。相手に譲らせるために、最も効果的な方法は”貸しをつくる”ことです。

貸しをつくることで譲らせることができる

仕事においていえば「相手の提示した条件を泣く泣く飲んであげる」「他の取引先よりも優遇する」「割引する」などですね。恋愛においていえば「ご飯をおごる」「時間をかけてデートプランを考え、遂行する」などによって、相手に対して”貸し”をつくることができます。貸しを作っておくと、借りができた相手側からしたら、何か譲れそうな場面があったら「いつもお世話になってるし、、」「この前の借りがあるし、、」といった気持ちから、こちら側に”譲る”という心理が働きます。一度、相手がこちらに譲ってきたら、それを逃さず、さらに上乗せしてこちらが譲り、さらなる”うま味”を引き出しましょう。

貸しを作ったら4分以内にお願いせよ

借りができた人はその”感謝”や”ありがたみ”は4分前後をピークにしてその後どんどん薄れていってしまいます。そのため、ご飯をおごって貸しを作ったら、4分以内に2軒目なりホテルに誘いましょう。

 

温度を変えて交渉を不利にしないようにする!

実験の結果、”人間は一定の温度を感じているとイライラする”ということがわかっています。イライラしている相手に対しては、通常時なら通る交渉も通らなくなってしまいます。定期的に温度を1度でもいいので変えることで相手にイライラを感じさせないようにしましょう。打ち合わせや会議、ミーティングなどの場では、リモコンで空調の設定を変えても良いですしドアや窓を開閉させて換気するだけでもOKです。デートでは室温をコントロールすることは難しいのであまり1つの場所に長居しないようにしましょう。

 

女性の嘘を見抜くときは顔をきちんと見よ!

男性は一般的に相手の嘘を見抜こうと意識したとき、言葉や声の抑揚に注意してしまうと言われています。一方、女性は相手の表情から相手の嘘を見抜こうとします。やはり、相手の心情を読み取る上で最も重要な情報が表れるのは表情なので、自ずと”女性は嘘を見抜くのが上手い”と言われるわけですね。男性も女性を真似して、相手の表情に注意して嘘を見抜きましょう。

 

人はどんなときに説得力を感じるのか①

一般的に「論理的かどうか」「根拠があるか」によって説得力を相手に感じさせることができると考えられています。しかし、実際には「声の抑揚」「スラスラと喋る」「早口で喋る」ことの方が相手に説得力が高いと感じさせることができるとわかっています。説得力を相手に感じさせたいという場合には、論理的に喋ったり根拠をかき集めるのではなく、”喋り方”に注意しましょう。

 

人はどんなときに説得力を感じるのか②

統計データを提示するよりも、具体例を提示する方が人は説得力があると感じます。「20代の女性、6割が使っている化粧品です」というよりも「Aちゃんっていう友達が使ってて良いって言ってた」ということを伝えた方が相手の心は動くという事です。統計データも大切ですが、具体例を出すことで相手に想像させやすくなるため、できるだけ具体例は用意するようにしましょう。

 

生き生きと話せ!

今さっきまさに目の前で起こったことかのように、生き生きとした情景・状況が相手に伝えることができると交渉はグンと成功しやすくなります。目撃情報を提供する人の話は、その話をおよそ8割の人が信じ込んでしまうといいます。それは、目撃情報を話す人がそれを生き生きと話すからです。交渉するときには、目撃情報を話すかのような熱量で臨場感を持って話すように意識するようにしましょう。