モテる男性はやっている!デートの沈黙を破る話題の見つけ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

話題がなく女性との会話が気まずい。。付き合って何ヶ月も経てばそんなこと気にもしなくなりますが、また出会ってすぐだったり、関係が浅いとどうしても沈黙や会話の隙間が怖かったりしますよね。今回は会話のテーマを探す方法を紹介していきます。

 

会話とは

基本的に会話は、共通の話題(テーマ)を元に、「情報共有」「議論」を行いながらある目的を達成して行くことになります。男性は”問題(疑問)解決”、女性は”共感”を目的にすることが多いですね。

会話の流れ

  1. 共通の話題(テーマ)を探る
  2. 意見を言う
  3. リアクションされる
  4. リアクションに応じて、「別のテーマを探す」のか、「同じテーマのままで深掘り」していくのかを決める

基本的に会話はこのように流れていきます。ここで最も難しいのは「1.共通の話題(テーマ)を探る」ですよね。もし会話する相手が「同級生」「同じ会社の人」「共通の趣味を持った人」であれば、共通のテーマがもともと多くさほど困らないかもしれません。しかし、好きになった相手、口説きたい相手が必ずしも”共通の話題をすでに持っている人”である訳ではありませんよね。

 

ありがちな失敗、やってはいけない会話

「同じ話をしてはならない!」

共通の話題(テーマ)がないからといって、最もやってはいけないことがあります。それは「同じ話題を繰り返すこと」です。同じ話を繰り返し聞かされるのは退屈でつまらないですね。よくあるのは、自慢話をして”自分についての話”ばかり話してしまうことです。自慢話をすること自体は問題ではないのです。1つのテーマばかりしてしまうことが問題なのです。様々な話題で会話をするようにまずは意識することを心がけて、その次に色々な話題が喋れるように情報収集が行えるように目指していきましょう。

 

決めつけ、断定をしてはならない!

会話のなかで「それは〜〜〜でしょ!」「だったり、〜〜〜すればいいじゃん!」と不意に決めつけ、断定口調で意見を述べたりしてしまいがちですがこれもよろしくない。嫌われる可能性があります。では、どうしたらいいかというと、選択肢を提示してあげればいいのです。「〜だったら◯◯◯、一方で〜なら△△△するのはどうかな?」と相手に選択を委ねるようにしましょう。

決めつけ、断定が効果的なシーン

決めつけ、断定をした方がいい場面もあります。それは「専門家が専門分野について喋るとき」「複数の人に向けて情報を発信するとき」です。デート中などの会話では基本的には、1対1ですし、自分の仕事についてなど専門性の高い話題以外では決めつけ、断定は避けるようにしましょう。

 

否定(反論)で終わらず、提案(解決策)を提示する

これは男性より女性の方がありがちだったりしますが「いやだ、いやだ」でじゃあ、どうするかの展開がないのは嫌われます。せっかく相手は提案をしてくれたのに、簡単に否定し、さらにまた別の提案を待っているというのは相手に対して2重のストレスを与えていることになります。否定や反論するなら、じゃあどうしていけばいいのか提案もセットで行うように心がけてください。

 

共通の話題(テーマ)の見つけ方

自己開示をしつつ、質問する

お互いに興味のあるテーマを探そうと質問攻めをしてしまう人も多いですが、気をつけてください。嫌われます。これは尋問なの?面接されているみたいで不愉快といった意見を多く聞きます。そこで大切なのが、”自己開示”をしてから質問するということです。まず自分はどうなのかを伝えてから、君はどうなの?といったように会話を進めることで、面接のような雰囲気にはならないですし、相手にも共通の話題(テーマ)を探させることができるのです。何も自分発信で会話を始めなくても、相手発信で会話をさせてもいいのですから。

 

相手を観察する

人間は言葉だけで表現している訳ではありません。衣服、髪型、メイク、アクセサリー、バッグ、態度、仕草、そのすべてで表現され、その1つ1つにこだわりや考え、判断があるのです。こういった情報もないがしろにせず、きちっと観察しているとその人との共感の接点を探ることができるのです。近くをエンジンふかして爆音で走っているバイクが通った時に、顔をしかめていたら「うるさいねえ」と言ってあげましょう。この瞬間、ボディランゲージと言語でツールは異なれどコミュニーケーションは成立し、”共感”という目的が達成されているのです。

 

関係性を深める

自分はやっていないことでも、仲良い人がやっていると興味出ますよね?何が言いたいのかというと、深い関係性を構築して仕舞えば、相手に合わせる必要がなくなるのです。自分の興味のあることが、相手の興味の対象になるので、それは共通のテーマになってしまうからです。続いてはこの関係性を深める技「バンタリング」について深く話していきます。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加