見た目が若い男性が自然とやるアンチエイジングの方法と特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

見た目が若い男性の特徴や、年の割に見た目年齢が若々しい男性が自然とやっているアンチエイジングの方法を一覧で紹介していきます。

 

見た目年齢が若い男性がやっている
アンチエイジングの方法・特徴

現代の最新技術を用いても老化を避けることはできません。白毛に始まり、顔まわりの小じわが目立つようになったかと思えば、気づけば体力の衰えを日々感じるようになります。しかし、「同年代のはずなのに、、、」若々しい見た目と雰囲気を持っている人が存在します。こういった人たちは一体どんな生活をしているのでしょうか?

日焼け止めを塗る・日傘

男性からすると日焼け止めを塗ることや日傘の使用に対して煩わしさを感じる人は多いでしょう。しかし、日焼け止めを塗る・塗らないでは見た目年齢に大きさ差が出てくることになります。というのも、日焼けを引き起こす日光に含まれる”紫外線”は、人体の細胞に含まれるコラーゲンを分解してしまい、新しい細胞を成長させることを阻んでしまいます。これによって、ターンオーバー(細胞の生まれ変わり)がうまく行かず、肌のしみ、色素沈着、乾燥、たるみ、しわを引き起こし、老化(見た目での老化)がスピードアップすることになります。また、年長者の間では男性の皮膚ガンの発生確率は女性の2〜3倍と言われています。こうしたリスクも排除することができるので日焼け止めや日傘の使用は特にオススメします。

参考:夏の紫外線対策!正しい日傘の選び方!UVAとUVBの違いから

参考:紫外線対策!メガネのようなサングラス!クリアサングラス

 

体型に合った服を着る

ダボっとして自分のサイズより大きめの衣服を着るとどうしても”おじさん感”が出てしまいます。太っている人は痩せろということではありません、自分の体型・サイズにフィットした服を着るだけでいいのです。

 

姿勢を正しくする

姿勢の乱れの積み重ねは、呼吸障害や関節痛を引き起こし、歩行障害まで引き起こす可能性があります。また、姿勢が悪いと血流も悪くなるので様々な生活習慣病を引き起こす要因にもなります。

参考:整体矯正は猫背を治す近道!正しい姿勢と悪い姿勢とは?!

参考:猫背・ストレートネックを治す整体

 

黒・青・グレー以外の色の服を買う

あなたのクローゼットを開けてみてください。黒・青・グレー以外の色の服はありますか?年齢が若い時には、落ち着きを持たせるためにこうした色の服が魅力を出すために効果的に働いたりもしますが、実年齢が高くなるにつれてこうした色は、”おじさん感”を強めてしまいます。

参考:色彩が持つ心理的影響をコーディネートに取り入れよう!

 

糖分の摂取を減らす

あなたの肌は乾燥肌ですか?乾燥肌だとしたら、もしかしたら甘いもの(糖分)が好きなのではないでしょうか?糖分は乾燥肌を引き起こします。肌の乾燥は、様々な肌のトラブルをもたらすので見た目年齢を高めてしまうことになりますので、完全に断つことは難しいと思いますので、減らすことから始めていきましょう。

 

休肝日を設ける

お酒を控えましょう。アルコールは睡眠の質を著しく低下させてしまい、睡眠の質の低下は老化の促進に限らず、様々な健康障害、精神障害を引き起こします。とはいえ、お風呂上がりのお酒だけが人生の楽しみだ!という方も多いでしょう(私です。)こういった方はせめて寝る前の飲酒だけは辞めて、寝る前までにアルコールが分解・代謝される十分な時間をとるようにしてください。オレンジジュースに含まれるフルクトースはアルコールの代謝を25%アップさせるので、普段缶ビールを2本飲む人は1本に減らして代わりにオレンジジュースを飲むようにしましょう。キンキンに冷えたオレンジジュースを風呂上がりに飲むのも美味しいですよ!

夏の冷たいシャワー

暖かいシャワーはリラックス効果があるというメリットの反面、肌に必要な油や水分を必要以上に取り除いてしまいます。そのため、夏はできるだけ暖かいシャワーは控えて冷たいシャワーにしたり、冬にはアッツアツのシャワーにしたりなどせずにぬるめのお湯でささっと短時間で済ませた方が美容には良いです。

 

頭皮ケア(ハゲ・薄毛、白髪対策)

男性の老化で避けられないのはやはりハゲ・薄毛問題。ハゲ・薄毛対策はできるだけ早くからやっておくべきで、すでにハゲが進行してしまっているなら髪型を工夫する必要がありますので、行きつけの理髪店・美容室に相談しましょう。また髪があっても白髪の場合は年齢が高く見られてしまいますので、黒染めなどのケアが必要になります。

参考:ハゲ・薄毛・AGAを克服!髪の毛作る器官の毛包を生む技術

参考:薄毛・ハゲ・AGA・細毛の原因と自分でできる治し方

参考:頭皮を触って硬くなってたら注意!柔らかさの基準と改善策

 

ヨガ(適度な運動)

過度な運動は老化を早めてしまいますが、全く運動しないと美容的にも健康的にも様々な問題を引き起こすことになるので適度な運動を心がける必要があります。特にオススメなのがヨガ(ヨーガ)です。ヨガは自宅でもできますし、体全身の筋肉だけでなく内臓器官にまで好影響を与えるので体を根本から改善することができます。

本一冊と自宅に少しのスペースがあればできちゃいます。

一番のオススメはWii Fit(ウィーフィット)です。ゲーム感覚でヨガを含んで様々な運動を楽しく自宅でできるし、体重管理や記録などを自動でとってくれてグラフでわかりやすく示してくれるのでモチベーション維持にもなりますよ!

 

仰向けに寝る

寝るときにうつ伏せで寝たり、横を向いて寝ている方は”仰向け”で寝るようにした方がいいです。というのも、寝るときにだって重力を受けることになりますので、横を向いて寝ていると顔の筋肉や脂肪が重力によって5〜8時間という長い時間変な方向に引っ張られることになってしまいますので顔面のしわやたるみの原因になってしまうのです。

参考:年齢の割に若く見える理由はほうれい線が原因!改善と対処法について

 

寝る前にストレッチ

忙しい現代社会。適度な運動が難しい人も多いでしょう。それならば、せめて寝る前にストレッチだけでもやりましょう。体を活性化させるエネルギー工場であるミトコンドリアをきちんと細胞内で働かせるには、筋肉を動かした時の熱が必要となります。簡単なストレッチだけでも体にポカポカを感じられるくらいまで持って行くことができるので、毎日のルーティーンに組み込みましょう。

ミトコンドリアについての参考記事:スタミナがなく疲れやすい、眠いのはミトコンドリアが原因!

 

ストローを使わない

お店で飲み物を購入するとよくストローが付いてきますよね。実はこのストローを使って飲み物を吸引する行為は、口周りのシワを強調させ、増やしてしまうと言われています。ストローをできるだけ使わず、カップにそのまま口をつけて飲むようにしましょう。

 

髭を剃る

日本人男性はよく海外に行くと、10歳くらい実年齢より若く見えると言われます。そのため、スポーツ選手などが海外に進出すると「ナメられないようにするため」髭を生やすことが多いです。これは、国内においても言えます。やはり、髭が生えていると実年齢よりも高く見えてしまいます。年齢を若く見せたいなら、髭は剃ったほうが良いでしょう。

 

運動したらシャワーを浴びよう

運動後には、汗や古くなった皮膚、油が毛穴から噴出します。そこでシャワーをきちんと浴びてこられを流さないでいると毛穴詰まりを引き起こしてしまい、皮膚トラブルに繋がる可能性があります。

 

子供と一緒に遊ぶ

小さなお子さんがいる場合には、童心に帰ってぜひ子供と一緒に遊びましょう。子供の頃に遊んだスポーツやごっこ遊びを行うことで、ストレスが解消されうつ病のリスクが下がると言われています。

 

エスカレーター・エレベーターを無視する

忙しい毎日の中に運動の習慣を取り込みことは非常に難しいです。そこで、日常生活でエスカレーター・エレベーターを見かけても、これを無視して階段で上るようにしましょう。階段を毎日上り下りすることで、肺活量や血圧、コレステロール値に改善に期待ができます。

 

サウナに入る

2017年にサウナの様々な健康面でのメリットが発表されました。血管の拡張は心臓病のリスクを減らし、熱によって皮膚に天然のコラーゲンを生成する機能が刺激され健康的な皮膚づくりが促進されます。また、汗をかくことは体内に潜む細菌を外に出してくれるので風邪予防にもなります。

その他のオススメ記事

仕事?栄養?人間関係?睡眠不足?見た目が老けるストレスとは