性欲が高ぶってムラムラして落ち着かない時に抑える方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

性欲が高ぶってムラムラして落ち着かない時に抑える方法を紹介していきます。日本のような平和な社会では頭が良い人がモテます。性欲に支配されて本能むき出しの男は、とても知的には見えず魅力的ではありません。今回は理性で自分をコントロールするための方法を紹介していきます!

 

ムラムラ性欲を抑える方法

激しい運動を行う

激しい運動を行うことで肉体疲労のせいで性欲が減退すると言われています。適度な運動は、気を紛らわすという意味ではムラムラを抑えることができますが、運動後には返って生欲が高まると言われています。

 

よく寝る

特に男性は、疲労を感じると”種の存続(子供を作り、子孫を増やす)”という本能が目覚めて、生欲が高まります。きちんと寝て疲労を残さないようにすることでムラムラを抑えることに繋がります。

 

よく食べる

食欲を感じる脳の部位と、性欲を感じる脳の部位が近いため、お腹が空くと生欲が高まると言われています。食欲を満たしてあげることでムラムラを抑えることにつながります。

 

自慰行為を決めた時間にやる

自慰行為で性欲を抑えることができます。しかし、性欲を感じたらいつでもどこでもと自由にやってしまうと返って性欲が高まり、自慰を行わないと落ち着かないという事態に陥ってしまいますので、「自宅に着いたら」や「お風呂の前に」など決まったタイミングで行うようにしましょう。ちなみに寝る前の自慰行為は、興奮状態から一気に冷めるために眠気が高まり”睡眠導入”として使われる人も多いのですが、睡眠の質を著しく低くし⇨疲労の蓄積⇨疲労を感じる⇨性欲が高めるということに繋がっていってしまうので気をつけてください。

 

趣味に没頭する

好きなものに集中することで気を紛らわし、ムラムラを抑えることができます。

 

高品質な下着を身につける

安いパンツなどをしているとどうしてもムレたりして、股間を刺激してしまいます。すると、性欲の高まりに繋がってしまいますので気をつけてください。ユニクロなどで通気性抜群で速乾タイプの高品質なパンツが1000円くらいで購入できるのでオススメですよ。

 

早寝早起きする

生活リズムの乱れは慢性的なストレス・疲労を引き起こします。特に、睡眠リズムの乱れはストレス値・疲労度の高まりに直結し、疲れ⇨性欲が高まるのサイクルに入ってしまいます。早寝早起きを心がけて正しい生活リズムを送るようにしてください。

 

男性ホルモンを抑える栄養素をとる

性欲と男性ホルモンの分泌量は比例関係にあります。つまり、男性ホルモンの分泌を抑えることができれば、ムラムラとした性欲を抑えることができるのです。しかも、男性ホルモンは抜け毛を引き起こしてしまうので、男性ホルモンを抑えることはハゲ予防にもなるのです。

男性ホルモンを抑える食材

  • 豆腐
  • 納豆
  • 味噌
  • 豆乳
  • さば
  • さんま
  • イワシ
  • いちご
  • 柑橘系のフルーツ
  • 赤・黄ピーマン
  • キャベツ
  • わかめ
  • アーモンド