倦怠期が来る理由と恋愛ステージを知り予防・遅らせる方法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

倦怠期とは

付き合ってから3ヶ月ごと、結婚してから3年ごとにやって来ると言われている”恋愛が冷める時期”のことです。

 

倦怠期が来る理由

出会った頃、付き合いたてのデートではまだお互いのことを十分に知ることができていないし、自分のすべてを相手に晒すことができていません。それがドキドキとした緊張状態を生み出し、アドレナリンという興奮物質が脳内に分泌されます。興奮状態にいると、感覚が鋭敏になるため何に対しても敏感に反応することができます。楽しいことはより楽しく感じることができるし、嬉しいことはより嬉しく感じることができるのです。

しかし、お互いのことがある程度分かるようになってくると、緊張しなくなりアドレナリンの分泌も収まります。また、数ヶ月も付き合っていればひと通りも”ベタなデートスポット”を出かけてしまうことになるため、毎回のデートが同じ繰り返しなどマンネリ化します。すると、デートなどで出かけてもあまり興奮状態になることが少なくなっていき、一緒に居ても”あまり面白くない”となってしまうのです。

 

そもそも倦怠期は乗り切るべきなのか?

「そもそも倦怠期は乗り越えるべきものなのか」について考えます。だって、「倦怠期が来ちゃうくらいの相手なら別れた方がいい」という考えもわからんでもないですからね。

答えです。ズバリ、倦怠期は「乗り切るべき」です。まあ、正確に言うと”お付き合いの目的”によります。結婚を目的としたお付き合いの場合なら「乗り切るべき」です。まず前提として倦怠期は誰と付き合っていても来ます。いつも冗談を言っていてどんなに面白い人と付き合っていたって倦怠期はやって来るし、どんなにスタイルが良くてふわふわ天使のような女性と付き合っていたって倦怠期はやって来るんです。「倦怠期なんて全く感じさせない運命の人」なんていないのです。”慣れ”からやって来る安心感を悪者扱いして、刺激ばかり求めていては結婚はできません。できてもすぐに別れることになります。

 

倦怠期を遅らせる方法

努力・意識次第では倦怠期をできるだけ遅らせる方法があります。ではまず恋愛関係において、倦怠期にたどり着くまでには「2つの段階」があるというお話からします。恋愛関係は「ロマンス期」⇨「権力争い期」⇨「倦怠期」といった流れで進んでいきます。出会ってから付き合いたての頃は何をしていてもドキドキ楽しいロマンス期です。ロマンス期がひと段落すると、今度はどちらが2人の関係において”強いのか”という権力争いが行われる権力争い期が始まります。ケンカも権力争い期から始まります。「どちらがより相手のことを好きなのか」「どちらがより相手の言うことを効くのか」「どちらがより相手のことを気遣いできていないのか」「どちらか口喧嘩が強いのか」「どちらがよりモテるのか」など様々な側面から権力争いが行われていき、度々ケンカに発展していきます。どちらが2人の関係において権力が強いのかというのが、お互いの間でわかり始めると権力争いは落ち着き始めてやがて倦怠期へと突入していくのです。

なので、倦怠期へと突入するまでの権力争いでとことん戦って、簡単に遠慮して白旗を振るのではなく接戦を繰り広げることで争いはもつれていきます。とはいえ、相手がすぐに権力を渡してきてしまえば権力争いがもつれていくことにならないので倦怠期まで遅らせることはできないので、相手の女性がワガママタイプ、負けず嫌いタイプだと倦怠期まで遅らせやすいです。また弱い主張で争いを無理に行っても相手から飽きられるだけですし、男性の腕力で押し切るのも卑怯なので、権力争いに簡単に負けないトーク力が必要になります。