彼女のイライラ、体温・性欲変化が生理周期のせい!女性を知るモテ男になれ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性の生理周期を知ることは、女性に対して思いやりや優しさを持って接することができるというだけでなく、自分を守ることにも繋がります。急なドタキャン、この前と性格が変わってしまった、なんだか冷たい、、その原因は生理周期かもしれませんからね。

 

女性の生理周期

女性は、卵胞期⇨排卵期⇨黄体期⇨月経期という周期を、28〜38日間かけてサイクルしています。

<卵胞期>

子供を作るには、「男性の精子」と「女性の卵子」が結合してできる「受精卵」が必要ですが、この女性の卵子を作るために必要な「卵胞」を用意するための期間を卵胞期といいます。

 

<排卵期>

卵胞から卵子が飛び出す期間を排卵期といいます。

 

<黄体期>

妊娠が成立するには、卵子と精子が結合することで作られる「受精卵」が「子宮内膜」に着床する必要があります。着床するには「子宮内膜」を厚くするなどの準備が必要です。この準備を行う期間を黄体期といいます。

 

<月経期(生理)>

妊娠が成立しなかった場合、厚くなった子宮内膜は不要になります。この不要になった子宮内膜を”血”として排出する期間を「月経」または「生理」といいます。

 

女性の生理周期ごとの体温

<卵胞期>

体温は低いです。

*彼女が寒がっていないか確認してあげましょう。

 

<排卵期>

「排卵日」にガクッと体温が下がり、黄体期に向けて体温が上昇していきます。

*昨日は寒がっていたのに、今度は暑がるなんてことがおきます。

 

<黄体期>

鳥が卵を温めるように、女性の体温は高くなります。微熱状態がずっと続くような体温です。

*「暑いから触らないで!」と言われても傷つかないようにしましょう!

 

<月経期(生理)>

体温は低くなります。

*寒がっていないか確認してあげましょう。

 

女性の生理周期ごとの体調と心理

<卵胞期>

肌ツヤ、髪質が最も良い時期です。体調も精神状態も安定しています。

特徴・心理状態

  • 肌や表情がパッと明るく晴れやかになります
  • 前向きで活動的です
  • 性欲が最も高い時期です

 

<排卵期>

体調がやや崩れ始めます。「排卵痛」と呼ばれる腹痛を感じることもあります。

特徴・心理状態

  • イライラや不安になったり、怒りっぽくなります

 

<黄体期>

体調も精神も不安定な時期で、食欲の増減・眠気の増減・お肌トラブルや体調不良が出ます。この時期に体調不良や精神が不安定になる度合いが強い「PMS」という症状の人もいます。

特徴・心理状態

  • 甘いものを欲しがります
  • イライラや不安、攻撃的、無気力になります。

 

<月経期(生理)>

生理のため貧血ぎみになります。「生理痛」と呼ばれる様々な体調不良を感じます。

特徴・心理状態

  • 生理痛、頭痛、吐き気、だるい、落ち込む
  • 神経質になります

 

最後に

女性は1ヶ月に、”4度性格が変わる”と言われる所以はこの生理周期にあります。いつもと様子がおかしい、態度が違う、なんだか冷たい、あたりが強い、と感じたらこの生理周期によるものであると自分の中での気持ちに整理をつけましょう!