旦那をイクメンにするには?父親の育児スイッチを入れる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育ては本当に大変なものです。パパの協力なしに育児をすることは基本的には不可能です。

しかし、育児に協力的ではない旦那を嘆くママさんはたくさんいます。

 

なぜ、旦那は育児に協力してくれないのか?

 

それは「育児スイッチ(父性スイッチ)」がONに切り替わっていないからなんです。

 

では、育児スイッチ(父性スイッチ)はどうしたらONに切り替えることができるのでしょうか?

 

その鍵を握るのは「オキシトシン」というホルモン物質です。このオキシトシンが十分にパパの体の中で分泌されていないから、育児に消極的になってしまうのです。

*女性は出産後にオキシトシンが大量に分泌される仕組みになっているので初めから育児スイッチがONに切り替わります。

 

 

オキシトシンを旦那の中で分泌させる方法

肌を触れ合わせる

赤ちゃんの肌と旦那の肌を触れ合わせることで、男性の中にもオキシトシンを分泌させることができます。要は、オムツを変えさせたり、お風呂に入れさせたり、あやしたりといった普通の育児を行わせることで、旦那の中にもオキシトシンを分泌させることができるのです。

見つめ合わせる

肌と肌を触れ合わせる次に効果的なのが、見つめ合わせることです。赤ちゃんと旦那を見つめ合わせるだけで、旦那の中にオキシトシンを分泌させることができます。

 

 

そうはいっても、実際に育児期に入ってから徐々に旦那の育児スイッチ(父性スイッチ)をONにしたのでは遅い!なんて声がママ達から聞こえてきそうです。

 

実際に、育児をしながらスイッチを切り替えるのではなく、妊娠中の時から”育児の追体験”をすることで、出産の前から旦那の育児スイッチ(父性スイッチ)を切り替えるための準備を行うことができます。

 

 

育児の追体験をする方法

現代にはYouTubeという様々なパパママが愛する我が子の様子をあげたメディアがあります。これらの愛らしい赤ちゃんの動画を見ることで育児の追体験をすることができます。

赤ちゃんをお風呂に入れている動画

赤ちゃんをあやしている動画

本当に様々なシーンの動画を見ることができるので、育児に取り掛かる前からこうした動画を見ておくことで育児スイッチを切り替えておくことができます。