水素水の粉末で効果が持続する!ハイドロエッグ水素パウダー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水素水を粉末にすることで持続的に水素が発生するという「ハイドロエッグ水素パウダー」が発売されました。そもそも水素水の効果や科学的な理由・根拠などについて紹介していきます。

 

水素水が人気になった理由

アメリカの医療雑誌に日本医科大学の研究論文が掲載されました。この論文の内容は、毒性の強い活性酸素(ヒドロキシルラジカル)を水素を体内に取り込むことで除去することができるというものでした。これは世界的に大きな注目となり、一気に水素水に注目されることになりました。

活性酸素(ヒドロキシルラジカル)とは

活性酸素(ヒドロキシルラジカル)はストレスなどによって発生・増殖し、細胞や遺伝子を傷つけたり破壊してしまう物質です。この物質の作用は、人体の病気の悪化や老化の進行に関わっていると考えられています。

オススメの記事:仕事?栄養?人間関係?睡眠不足?見た目が老けるストレスとは

水素の効果

ところが、細胞に水素を含ませることで、およそ60%もの活性酸素が除去し、活性酸素の悪い作用から細胞を守ることができるということが実験によって判明しました。これは病気の予防や薬による副作用を抑えたり、アンチエイジング(若返り)に効果があると考えられているのです。

水素は人体の何処へでも届く!

水素は体内の何処へでも浸透することができ、例えば血管が詰まってしまっていたとしても悪いところまで届くのです。実際に、脳梗塞を患ったラットへの実験でもその効果は確証が得られています。

 

水素水を購入する時の注意点

水素水は近年急激に人気を集めており、スーパーなどの店頭でも並ぶようになりました。しかし、市販の水素水を購入する時の注意点があるのでご紹介します。

ペットボトル容器の水素水は買わない方がいい

水素は、理系の方はご存知でしょうが、宇宙一小さな分子と言われるほど本当に小さな分子です。そのため、ペットボトルだとどんどん外に抜けていってしまうのです。スーパー購入したペットボトルに入った水素水を飲んでも、あなたの体内に取り込まれる頃には水素が抜けきってしまっていてただの水になってしまっている可能性が高いのです。

アルミパウチ容器の水素水がオススメ!

市販の水素水を購入する場合には、アルミニウムで特殊パッキングされた水素水を買うようにしましょう。ほとんど水素を逃すことなく、体内に取り込むことができます。

 

水素水の問題点

抜けちゃう

先ほど説明した通り、水素は非常に小さな分子のため、どんどん抜けていってしまいます。

持続性がない

水素を取り込んだ10分後をピークに、1時間後には水素の血中濃度は元に戻ってしまうため、予防に関して本当に効果があるのかについて疑問視する専門家もいる

 

水素水の問題点を解決する水素の粉末

岐阜大学と東京工科大学の共同研究によって開発された「ハイドロエッグ水素パウダー」は、言うならば”水素水の粉末バージョン”です。水素が抜けていってしまう・持続性がないという問題点を解決する商品としてミネラルウォーターを製造する「奥長良川名水」が発売しました。

ハイドロエッグ水素パウダーとは

無味無臭の粉末タイプなので、飲み物以外にも食べ物にも混ぜることができ、水に溶かすと48時間以上水素が発生します。1箱30包入り(1包3グラム)で、価格は8400円(税別)で、奥長良川名水のオンラインストアで購入できます。