ハブ(HUB)でナンパ!声のかけ方・盛り上げ方・お持ち帰りする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ナンパスポットとして有名なHUBで、ハブのシステム、女性へのおすすめ声かけフレーズ、盛り上げ方、お持ち帰りする方法、トークの盛り上げ方などを紹介していきます。

 

ハブ(HUB)とは

主要駅付近にあるブリティッシュバーです。ブリティッシュバーとは、イギリスにあるような酒場をイメージした内装・システムの居酒屋さんです。常にアメフトや野球、サッカーなどのスポーツ中継が放送されていますが、特にサッカーのW杯などが開催される期間などはサッカーファンで大盛況となり、数ヶ月前から予約でいっぱいになります。

 

ハブ(HUB)のシステム

お通しなし!

通常の居酒屋と同じく入場料なんてありません。お通しも出てこないので気軽にお酒を楽しむことができます。

カウンターでお酒を注文&受け取り

普通の居酒屋とは違って、席までオーダーを取りに店員さんは来てくれません。自分でカウンターまで行って、欲しいお酒やご飯を注文してその場でお会計となります。すぐに用意されるお酒やご飯ならその場で受け取って自席まで自分で持っていくことになりますが、時間のかかるご飯を注文した場合には番号札が渡され、店員さんが後で運んで来てくれます。

お酒やご飯の価格帯

お酒もご飯もだいたい500〜1000円くらいの価格です。一人当たりだいたい2000〜3000円で十分にお酒の場を楽しむことができます。

 

ハブ(HUB)でナンパはできる?

HUBでナンパはめちゃめちゃしやすいです。まさにブリティッシュバーということもありイギリスの酒場のような雰囲気で、お店全体が「みんなでお酒を楽しく飲もう」といった雰囲気なので女性に対して声をかけるのは全く浮きません。

ハブ(HUB)にいる女性は声をかけられることを待ってる!

HUBにいる女性はむしろ声をかけられることを待っています。そもそも友達とゆっくりお喋りしたいならHUBには来ません。わざわざ飲む場所としてHUBを選んだからには、HUBにいる女性は”色々な人との関わりを求めている”のです。とはいえ、女性から声をかけることは勇気のいることなので男性から声をかけてあげましょう。

 

ハブ(HUB)にいる女性への声のかけ方

  1. HUBへ入店
  2. 店内を一周する(*混雑時にはここで店員さんから席に案内されます)
    席を決める時には、声をかけられていない女性の近くを狙いましょう。基本的には、別の男性から声をかけられている女性に対しては声をかけてはいけません。これはマナー的なやつです。

  3. 席を確保する
    ロックオンした女性のいる近くの席を確保しましょう。お酒の注文をこれからしにいかなければならないので、荷物を置いておくから一緒に来た友達に座らせておきましょう。

  4. カウンターへ注文しに行く
    このタイミングでもう声をかけてもOKです。「良かったら一緒に飲みません?」とストレートに明確な意思を伝えることが大切です。女性のお酒がもう残り少なかったら「お酒注文しに行くけど、飲みたいものありますか?」⇨「OK、待ってて!」とお酒をご馳走してあげるものいいですね!

  5. 自席に戻りお酒を飲む
    お酒をカウンターで注文して受け取ったら自席に戻ります。すでに近くの女性に声をかけていたらそのままトークをし、まだ声をかけていない場合は「良かったら一緒に飲みましょうよ!」と声をかけましょう。

 

ハブ(HUB)にいる女性への声かけフレーズ

なんだか目的の分からない声のかけ方はNGです。明確な意思・目的を伝えるフレーズで声をかけることがポイントです。またチャラい印象を与えるのも女性に警戒心を抱かれてしまうので気をつけましょう。

おすすめの声かけフレーズ

「良かったら一緒に飲みません?」

「良かったら一緒に飲みましょうよ!」

「お酒が足りてないですね!次は何飲みますか?」⇨おごってあげる

「女子会中すみません!声かけていいですか?」

 

ハブ(HUB)にいる女性の盛り上げ方

声をかけたらあとはトークを盛り上げるだけです。とは言っても面白いこと・すべらない話を披露する必要なんてありません。女性に話をさせましょう。女性に質問して、それに対してリアクションをとって話を展開していきましょう。まずは以下のポイントに注意してトークしていきましょう。

  • 声は大きくはっきりと!
  • リアクションはでかめに!
  • 沈黙にならないように質問していく
  • 一人の女性だけに質問しない
  • 一緒に来た男友達とも話す

意外に「一緒に来た男友達とも話す」は超重要です。女性は男性同士が仲良い姿に対して好感を抱きますし、何よりも”信頼感”が感じられます。仲のいい友達がいるってことはそこまでヤバイ奴ではないんだなと思ってくれるのです。

こうして女性から話を引き出すことで女性の警戒心を解いていきます。逆に女性からボディータッチされたり、質問されたりすると警戒心はなくなりどんどんと盛り上がっていきます。

 

ハブ(HUB)にいる女性をお持ち帰りする方法

HUBにいる女性をお持ち帰りするには、トークを盛り上げることはもちろんのこと、「信頼感」をアピールすることが重要になります。どんなに面白い人でもヤバそうな人と夜を共にしたくはないですよね。「ヤバイやつじゃないこと」をトークの中でアピールしていくことが大切なのです。以下のような基本的な内容を説得力を持って伝えることが大切です。

  • 名前
  • どこで何をしている人なのか(仕事など)
  • どこで生まれ、どこで育ってきたのか

では、これらの「基本的な内容を説得力を持って伝える」とはどういうことかというと、”女性に伝えた名前で、一緒に来た男友達から呼ばれているか”、”どこで何をしている人なのか(仕事など)を一緒に来た男友達も理解しているか”、”どこで生まれ、どこで育ってきたのかを一緒に来た男友達も理解しているか”をトークの中で女性に伝えるということです。古くからの地元友達と一緒に行くと昔話などからこうした説得力のある自己紹介が会話の中から自然とできます。