彼女とケンカ。相手が悪い場合にスッキリ仲直りする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

彼女とケンカをして仲直りしたいけど、明らかに相手が悪いときって、こちらから謝るのもおかしいし、相手の謝罪を待ってしまってケンカが長引くことありますよね。今回は、そんなケンカをから仲直りする方法を紹介していきます。

 

女性はわがまま

女性は基本的にわがままです。そのため、”自分に甘く、相手に厳しかったり”、”わがままをどれだけ聞いてくれるか”を愛情の指標にしている女性も多いです。こうして、女性の自分勝手な言動や行動によって、恋人を傷つけてしまい、ケンカに発展するケースも多くあります。

女性はなぜ、わがままなのか

女性はわがままになりやすいということをまずは理解しましょう。

親のしつけのせい

基本的に男の子に対してのしつけは、女の子に対してと比べて厳しくなる傾向にあります。つまり、女の子の方が甘やかされて育つため、わがままになりやすいのです。

本能

女性は男性に本能的に”頼りたい”という欲求を持っています。これは、「子供を身籠もる」「子供を育てる」という人間の生物としての本能的な役割を女性は全て任されているという自負があるために、わがままになります。

感情的になりやすい

男性は論理的に矛盾していると気づくとその言動や行動を控えるようにします。しかし女性は論理的に考えるというよりは感情に任せて言葉を発したり行動する傾向が強いため、論理的に矛盾していたとしても感情の高ぶりに任せて、感情をぶつけてしまいます。これに男性は自分勝手で、わがままであると反発してしまうのです。

 

相手が悪い場合に仲直りする方法

では、彼女のわがままが原因でケンカをしてしまった場合に、お互いにすっきりとした気持ちで仲直りできる方法を紹介していきます。

 

自分は相手の「何が気に入らなかったのか」を整理する

まずは自分と向き合います。相手のどんな言動・行動が気に入らなかったのかを洗い出してみましょう。

 

相手の言い分を想像する

自分が気に入らなかった点を整理したら、今度は”相手の言い分”を想像して考えてみましょう。相手は「何かに不満を抱いていないだろうか」など想像してみましょう。

 

話し合う

話し合いの中でも細かく”やるべきこと”を紹介していきます。

自分の言い分を伝える

まずは自分の言い分を伝えましょう。相手の言い分を先に聞こうとしても相手は言い出しづらい場合もあるので、まずは自分から言い分を素直に冷静に伝えましょう。言い分を伝えると、相手からきっと「あのときはこんなことを考えていたの」といったことを話してくれるので、双方の間で”勘違い”などが発覚したりして、あなた自身のわだかまりが解けていくはずです。

相手の言い分を聞く

今回の喧嘩を受けて、相手は「どう思ったのか」「何を考えた」など相手の言い分を聞き出してあげましょう。もしかしたら、あなたの態度が怖かったなどあなたに落ち度があるということも発覚するかもしれません。

お互いの言い分の解決策を2人で話す

最後に、同じ”過ち”、”勘違い”、”誤解”、”価値観・意識のズレ”を生じさせないように、根本的な原因を摘みとるような解決策を2人で考えましょう。「今回と同じケンカが起きないようにするにはどうしたらいいか」というテーマで話し合いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加