ダイエットコーラはカロリー0でも太る!?効果・理由・根拠

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

太りたくないけどコーラを飲みたいという人の味方であるダイエットコーラですが、実はこれカロリー0でも太ると言われています。今回はダイエットコーラの実際の効果や理由、根拠について紹介していきます。

 

ダイエット飲料は痩せる?

通常のコーラのカロリーが100kcakで、ダイエットコーラはカロリーが0の場合、ダイエットコーラを飲んでいれば痩せる、もしくは体重は元のまま変わらないと思ってしまいます。

しかし、ある研究では「ダイエットコーラを飲んでいると体重の増加に繋がる」と結論づけられているのです。

標準的な体重の人に1日3本のダイエットコーラを飲んでいる人は飲んでいない人と比べて2倍もの確率で体重の増加または肥満体型になっているということがわかったのです。

この結果に異議を唱える学者もいますが、これから説明していく”ダイエットコーラが体重増加をもたらす原因”を知れば、きっとダイエットコーラを飲むことを考え直す人は多いのではないでしょうか。

 

体重増加をもたらす原因

インスリンが間違って分泌される

ダイエットコーラには普通の砂糖での甘みづけは行わずに、人工甘味料で甘みをつけています。しかし、この人工甘味料、普通の砂糖と変わらないものとして脳が考えてしまうので、通常通りに膵臓(すいぞう)にインスリンを生成する指令を送ります。このように人間は脳が糖が入ったきたと認識するとインスリンが生成されるようになっているのです。このインスリンとは何かと言うと糖をエネルギーとして使い、余分なものは脂肪として貯えるということを行う成分です。ここで問題が発生します。「インスリンが分泌されているのに、実際には糖が無い」という問題です。この問題が日常的に起きてしまうと、人体を混乱させてしまうことになり、メタボリックシンドロームや高血圧などを引き起こしてしまいます。

 

より甘いものを求めてしまう

人工甘味料は、普通の砂糖よりも甘いです。そのため、日常的にこの人工甘味料を摂取することでどんどん甘いものに慣れてしまい、より甘いものを、もっと甘いものを、と通常の甘さじゃ物足りなくなってしまうのです。これによって、飲み物ではカロリーセーブが抑えられたとしても、食べ物でこれまでより多くの糖を摂取するようになっていってしまうのです。

 

精神的な驕り(おごり)が出てしまう

僕・私はダイエットコーラでカロリー制限をしているんだ!という驕り、慢心によって、他の食事で甘えが出てしまう方も多くいます。どういうことかというと、ダイエットコーラを飲んでいるんだから、今日はデザート食べちゃおう、おやつ食べちゃおうといったように、ダイエット飲料を飲んでいればいつもより多く食べてもいいという錯覚に陥ってしまうのです。当然のことながら、飲み物による糖分の制限なんて食べ物で入ってくる糖分に比べたら、微々たるものです。