話題の電子水(飲料水・化粧水)の効果と、人気・注目の理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

電子が含まれた飲料水・化粧水がテレビ番組(ヒルナンデス)でも取り上げられ最近話題です。注目される理由、酸化、特徴、様々な電子水・電子生成機械を紹介していきます。

 

電子水とは

”電子”が含まれた飲料用の水、または化粧水のことを指して「電子水」と呼ばれます。「エレクトロン スキンローション」や「e-water」とも呼ばれることもあります。

 

電子水が注目されている理由

「人間の体はおよそ70%が水分でできている」ということは皆さんもご存知かと思います。そして水も人体も突き詰めると、”原子 ”のまとまりです。この原子はさらに細分化すると「原子核」と「電子」で構成されています。この原子核はプラスの電気を帯びており電子はマイナスの電気を帯びており、そのプラスとマイナスの関係が崩れると健康上に問題が生じると考えられています。

原子の電気バランスの乱れ=酸化

ストレスや不規則な食事、睡眠不足などによって原子の電気バランスの乱れ(特にマイナスの電気を帯びた電子が不足してしまう)を引き起こし、これが”酸化”を引き起こし、生活習慣病を含む様々な健康上のトラブルへと繋がります。

 

身体に電子を供給する「電子水」

電子が不足し電気バランスが乱れた身体に、電子を供給することでバランスを調整することができます。”電子水”を飲めば、簡単に身体に直接電子を供給することができるというわけです。

 

電子水の特徴

水の塊が小さい

”クラスター”と呼ばれる水の塊の1つ1つが小さいので、体内への浸透率が高いという特徴があります。

 

化粧水用の電子水の値段

100mlで7020円とかなり高価です。しかも、テレビ番組「ヒルナンデス」でOggi専属モデルの林田岬優さんが使っているということが紹介され、さらに価格は高騰し、現在では1万3000円にまで価格が高騰する超人気っぷりです。

電子水の化粧水なら、エレクトロンというメーカー電子水が一番有名です。

 

洗顔フォームもあります。

頭皮用のトリートメント剤もあります。浸透した成分が活性酸素へとアプローチし、乱れたヘアサイクルの正常化、頭皮の潤い、頭皮の柔軟性と引き締め効果が期待できます。

飲料用の電子水もあります。

そして、な、なんとこの機械に置くだけでどんな水分でも電子水にすることができる魔法のような機械もあります。