色彩が持つ心理的影響をコーディネートに取り入れよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どんな服を着て行こうかな、買おうかなと迷ってしまう方も多いかと思います。そこで私は色彩が持つ心理的影響をコーディネートに取り入れてみてはいかがでしょうかという事を提案致します。色が人に与える影響を知っておくと様々な場面で役立ちますよ!

 

ビジネスシーンでの色彩心理

色による脳や心理への影響を知識として持っている経営者は、”色彩心理”を取り入れたオフィス作りを行い、従業員の潜在的能力・効率性・やる気を引き出したり、取引先の気分まで変えてしまうと言われています。ビジネスシーンでも多く取り入れられている色彩心理。日常の何気ない服選びでも大いに活躍することでしょう。

 

ファッションコーディネートで使える色彩心理

色には様々な効果があります。良い効果も、悪い効果も。こういった知識を知っておくことでデートなどで有利になるように、あるいは不利にならないようにすることができるのでご参考にしてください。

 

青色

青色は人に”落ち着き”や”癒し”を与えます。また、原色に近い青色は”相手の活気を上げる”という効果もあります。仕事が忙しく、ストレスや疲れを溜めがちな相手とのデートの時などにオススメの色になります。しかし、青色の中でも寒さや悲しさを出してしまう青色もあります。こういった青色をファッションに取り入れる場合には必ず、暖色系(赤、オレンジ、黄色、ピンク系の色)や茶色、緑といった色と組み合わせてください。このようにコーディネートすることで、寒さ・悲しさといったマイナス効果を補うことができます。

 

緑色

緑色は”思考力”や”発想力”を引き出すため、オフィスではアイデアを出すための会議室などで使用されることが多いです。そのため、旅行の計画などを相手と一緒に考える時など頭を使うときに、緑色の服で参加すればきっとアイデアがどんどん出てきますよ!また”不安を軽減する”という効果もあるので、彼女とケンカした後のデートなどに着ていく服の色としてオススメできます。

 

赤色

赤色は研究の結果でも”血流の増加”、”心拍数を上昇”、”脳波活動の向上”といった効果が得られています。そのため、相手が元気ないときにオススメの色になります。一方で赤は”相手の競争心を駆り立てる”といった効果もあるので、相手が元気なときに赤色の服を着て行ってしまうとケンカがちになってしまうかも!また、”食欲を刺激する”という効果もあるので、相手がダイエット中の時に着て行ってしまわないように気をつけてください。

 

黄色

黄色は人を”前向きにさせる”という効果があります。相手が元気がなかったり、不安を感じていたり、悲しんでいたりといった時に黄色の服を着ていってあげてください。また、黄色には赤色と同じく”食欲を刺激する”効果があります。飲食店のロゴなどに黄色や赤色が使用されるのはこのためです。

 

茶色

茶色は”強さ”、”巧みさ”という印象を与えることができます。年上の女性とデートに行く場合など、幼く、か弱く見られたくないといった時に特にオススメの色です。

 

ピンク色

意外に思う方もいるかもしれませんが、ピンク色は”心を落ち着かせる”、”集中力を高める”という効果があります。このため、刑務所などで受刑者が過ごす環境の中でもよく取り入れられているそうです。また、”幸福感”の印象を与えることもできます。

 

白色

白色がかなりポピュラーな色ですが、実は大きな欠点を持っている色です。白色は”冷たい印象”を与えてしまうため、初めてのデートにはオススメできません。また、”無機質”、”つまらない”、”単調”といった印象を与え、ビジネスにおいては白色を着ていると”仕事にやりがいが持てない”、”ミスが増える”という実験結果もあります。しかし、白色には他の色を引き立てるという効果があるので、白色だけでのコーディネートは避けて、他の色と組み合わせるようにしましょう。

 

灰色

灰色はあまり良い効果は持っていない色です。白色と同じように、他の色と組み合わせるように使用しましょう。