赤ちゃんが夜泣きをする理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃんが夜泣きをする理由

赤ちゃんが夜泣きをする理由は、「母体にいた時の睡眠リズムが残っているから」です。

赤ちゃんはお腹の中では夜型

赤ちゃんはお腹の中にいた頃は、日中に寝て、夜に起きるという夜型の生活をしています。その理由はなぜかというと、「ママの酸素を使わないため」です。日中はママが活動的になるため多くの酸素が必要になります。そこでさらに赤ちゃんもお腹の中で活動的になってたくさんの酸素を必要としてしまったら、ママと子どちらも酸素を必要としてママの負担が増えてしまいます。

そのため、赤ちゃんはママと反対の日中に寝て、夜に起きるというリズムをとるのです。この睡眠リズムがお腹から出てきた後もしばらく残ってしまうので、夜泣きをしてしまうのです。

 

最後に

赤ちゃんはママの負担を減らすために夜型の生活リズムをとっていたのです。その結果、夜泣きをしてしまっているだけなので、夜泣きして夜に寝れないからといってあんまムカムカしないよーにしましょう!