40・50代以降の夫婦のあり方・関係の変化、夫婦生活について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40・50代以降の夫婦のあり方・関係の変化、夫婦生活についてまとめていきます。

 

40・50代以降の夫婦生活は、20〜30代の夫婦生活とは大きく変わっていきます。この変化に戸惑い、夫婦関係にひびが入ったように感じ、危機的状況を迎える夫婦も多くいます。が、それは変化に対応できていないからです。40・50代以降の夫婦には一体どんな変化が待ち受けているのでしょうか?確認していきましょう。

 

40・50代以降の夫婦のあり方の変化

夫婦の夜の営みを切望しなくなる

男女ともに40歳を超えるとHを求める頻度は減っていきます。それは女性は女性ホルモンの変化、男性は性欲と生殖能力の減退によるものです。

 

内向的になる

これも男女ともにですが、40歳を超えると”外での評価”への興味・関心が薄れてきます。そのため、会社で大きな業績をあげて上司から評価されたいなどといった欲求が20、30代よりも低くなり、自宅での趣味に没頭したりします。そのため、夫婦間でのコミュニケーションの回数はかつてよりも増加してくることになります。

 

子育ての負担が減る

40歳を超えると多くの家庭では、子供が大なり小なり自立するくらい成長しているため、育児にかかる負担が減ります。

 

自分の人生を考えるようになる

仕事への慣れ、仕事への情熱の減少、子育ての負担の減少などにより、仕事に育児に夫婦生活に忙しかったこれまでよりも時間が多く感じられるのが40・50代です。空いた時間で、自分の人生について考えるようになり、離婚を選択肢に入れる夫婦も出てきます。

 

パートナーとの共通点が少ないことに気づく

20、30代では仕事や趣味が忙しい中で恋愛をし子供が生まれ、子育てでより一層仕事と育児に追われる。そんな日々を過ごします。子育てから解放され、「子供を無事に育てる」という夫婦間での共通目標が薄れると、パートナーの方へまた意識が向かいます。しかし、「どうしてこの人と結婚したのだろう?」と思ってしまうくらい、夫婦お互いに共通点が少ないことに気づきます。

 

社会貢献欲求の向上

40・50代で子供も成長し、仕事もそれなりにこなしてきたら、何かしらの形で「社会に恩返しをしたい」と考える人も増えてくるのがこの年代。夫婦揃ってボランティア活動をするなど、一緒に活動しながら気持ち良い気分が味わえると人気のようです。

 

結婚生活以外での楽しみを探す

自由な時間が増える40・50代では、結婚生活以外の面で人生の充足感や興奮を求めるようになります。それが趣味なのか、離婚なのか、人それぞれとなります。